久米島紀行Part4

Kume / 久米島

ーモンツキの島ー

Photo & Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Kume / 久米島

ーモンツキの島ー

Photo & Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約3分で読めます。

久米島初発見も!
レアなマクロも見逃せない

ここまで「モンツキ村」にスポットを当ててきたが、もちろんモンツキ以外にも愛くるしい生物はたくさんいる。今回、エスティバンの若手ガイドたちが、あちこちのポイントで探し出してくれたレアな生物たちを紹介していこう。

例年より、個体数が多いフリソデエビ。年に数回しか見つけられないという、ジャパニーズピグミーや、ユキンコボウシガニ。水温が上がるとなかなか見れなくなってくるガイコツパンダホヤ。まるで産まれたての赤ちゃんドラゴンみたいなタツウミヤッコの幼魚。そしてなんと言っても、恐らく久米島初発見となるシシマイギンポなど、サイズ的には極小サイズのレアなマクロ生物が目白押し。そんなかわいい生物たちを次から次へと紹介してくれた。

久米島(撮影:越智 隆治)

今年は個体数の多いフリソデエビ

久米島(撮影:越智 隆治)

人気のピグミーシーホース

久米島(撮影:越智 隆治)

カイメンを被った姿が愛らしい、ユキンコボウシガニ

久米島(撮影:越智 隆治)

一度は見たかったガイコツパンダホヤ。「トンバラ」にて

久米島(撮影:越智 隆治)

おそらく久米島初発見のシシマイギンポ

また、タイドプールでのダイビングにも力を入れていて、「風が強くて海に出られないようなときでも潜れるし、ハゼたちが結構頻繁にディスプレイしてくれて、見応えがあるんですよ」とのこと。

久米島(撮影:越智 隆治)

熱帯魚の家と呼ばれているタイドプール

日本国内では八重山の海でしか出会えないオイランハゼや、パステルのブルーカラーが美しいネズスズメダイとの遭遇に感動。タイミングが良ければハゼたちがディスプレスする姿を目の前で見ることができ、タイドプールと言えど超穴場的なポイントだ。

久米島(撮影:越智 隆治)

オイランハゼは久米島でも数個体見つかっている

久米島(撮影:越智 隆治)

タイドプールにいる、ネズスズメダイの幼魚

久米島(撮影:越智 隆治)

年に数回しか見つけられない、ジャパニーズピグミーシーホース

FOLLOW