ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kume / 久米島

久米島紀行Part4

ーモンツキの島ー

Photo & Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Dive Estivant
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

巣穴に産み付けられた卵を守りながら、モンツキカエルウオ(以下、モンツキ)のオスは、コモンサンゴの大放卵を静かに見守っている。

彼もまた、自分の子どもたちが元気にハッチアウトしてくれることを願っているのだろうか。

久米島には世界有数のモンツキのコロニーがある。
その名も「モンツキ村」。

今回は「モンツキ村」にスポットを当てつつ、他の生物の話もしていこう。
久米島(撮影:越智 隆治)

Special Thanks

kumejima_MZ_8-1
DIVE ESTIVANT
ダイブエスティバン
http://dive-estivant.com

新たに新人女性スタッフ2名が加わり、より華やかな雰囲気になったエスティバン。

サンセットダイブにBlack Water Dive®、ホエールスイムなど、他の店とは違ったメニューも多く、リピーターからの人気も根強いショップ。頼もしいガイド陣が、ビギナーから上級者までオールマイティに楽しませてくれる。

2018年度のサンゴ産卵予定は7月29日〜8月2日、8月28日〜9月1日とのこと。

オーナーガイドの川本剛志さんは生態に対する追求心が強く、また、ダイビングガイド界で有名な「ガイド会」の会長も勤めている。

久米島随一の大型ボート(53フィート)と、小型ボート(40フィート)の2隻を所有。大型ボートにはシャワー、トイレ、お茶やコーヒーなども完備され、船上も快適だ。

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel.098-985-7150

ページトップへ