ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Amami / 奄美大島

濃密なる奄美

奄美南部の3つの顔

Photo
Takaji Ochi
Text
Satomi Kikuchi
Special Thanks
ZEROGRAVITY
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
amami_bunner1809_325*226

南部の魅力3 外海
憧れのザトウクジラとの時間

1月から3月末までの間はホエールウォッチ&スイムのシーズン。この時期になると、出産、子育てのために奄美大島近くの海を訪れる。

奄美大島でザトウクジラとの遭遇率が高くなり、ホエールウォッチングが盛んになってきたのはここ数年。2016年に米国の絶滅危惧種からザトウクジラが外されるほど数が増えたからか、水温の上昇により沖縄まで南下していた個体が奄美大島に留まるようになったからか、理由はわかっていない。

奄美大島(撮影:越智隆治)

奄美大島は、ザトウクジラに会うことのできる日本でも貴重な場所

トンガで15年ほどホエールスイムを行っている越智カメラマンに話を聞いた。
「トンガでは15年ホエールスイムをしているが、奄美大島では僕はまだ2年。奄美大島自体でもホエールスイムをこれまでずっとやってきているわけではない。そのせいか、同じザトウクジラといえど、トンガに比べて人に慣れていない印象だった。もしくは北半球と南半球のザトウクジラの性格の差があるのだろうか。日本でザトウクジラと一緒に泳げる環境は多くないので、今後もなるべくクジラに負担をかけることなくホエールスイムを続けていけるよう、アプローチの仕方などを考え、できることは協力していきたい」

外洋へ行く際は、自社ボートである、大型のカタマラン船「ゼログラヴィティⅠ号」を使用。横揺れが少なく、温水シャワーやウォシュレットトイレ、テレビ、冷蔵庫、エアコンも完備。行き帰りも快適に過ごすことができる。

奄美大島(撮影:越智隆治)

お腹を見せながら泳ぐザトウクジラ

奄美大島(撮影:越智隆治)

水面で遊んでいる子クジラを迎えに行く母クジラ

Special Thanks

スタッフ写真
ZEROGRAVITY
(ゼログラヴィティ)
https://zerogravity.jp/scubadiving.php

ゼログラヴィティは奄美大島南部に位置する、マリンスポーツ総合施設。目の前には大島海峡が臨める、自然が溢れた開放的な環境だ。宿泊もできる施設は、オーナーの「車いすの方にもダイビングの浮遊感を楽しんでほしい」という思いから建てられ、完全バリアフリー。トイレやお風呂のスペースも広く、障がい者も安心して一緒に楽しむことができる。

〒894-1521
鹿児島県大島郡瀬戸内町清水122番地
Tel.0997-76-3901

ページトップへ