思わず笑ってしまった、ダイビングガイドの意外な職業病とは

ダイビングサービスむらいの村井智臣と稲生薫子(撮影:越智隆治)

いろんな海に潜りに行き、「ガイドの職業病って、何かありますか?」と、以前は、ちょくちょく聞いていました。

しかし、腰痛をはじめとする想定内の答えが多かったので、最近は聞かなくなっていたのですが、久しぶりに、「ダイビングサービスむらい」のむらいちゃん(村井智臣)に聞いてみると、意外な答え。

「マスクを見るだけで、自然にツバが出てきちゃうんだよね~」

まさかのパブロフの犬(笑)。

唾液でマスクのくもり止めをし続けた結果、マスクを見ると条件反射でツバが出てきてしまうというわけです。

梅干しでなく、マスクでツバが出てくるとは、まさに職業病!?

これが、ガイドさん全般の“あるある”なのかはわかりませんが、意外な答えに、何だか可笑しくなったのでした。

コメントを残す

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/