ヘッドラインHEADLINE

Google検索数で選ぶ、日本のダイビングポイント・ランキング20 ~人気の海がひと目でわかるインフォグラフィック付~閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

みなさんはダイビングに出かける時、まずは何から始めますか?

ダイビングショップのスタッフに直接LINE……

馴染みのお店がある方はそうかもしれませんね。

しかし、初めて訪れる場所であれば、必ずどこかのタイミングでググる(Webで検索する)のではないでしょうか。

その結果、Googleには膨大な量の検索データが蓄積されています。

という事は、検索回数が多い場所=人気のポイントと言えるかもしれません。

毎年さまざまな場所で「人気ダイビングポイントランキング」が発表されていますが、今回はGoogle的人気ダイビングスポットを検証して行きたいと思います。

今回はGoogleが提供するキーワードプランナーで、「ダイビング (ポイント名)」および「(ポイント名) ダイビング」の平均月間検索ボリュームを調べてみました。

対象としたダイビングポイントは全国250ヶ所、平均月間検索ボリュームの総合計は50530回です。

尚、あくまで検索された回数の多さなので、実際の人気と必ずしも比例するわけではないことにご留意ください。

やっぱり島が人気!紀伊半島や湘南三浦エリアも善戦

人気ダイビングポイントランキング

奄美大島や屋久島などを抱える薩南諸島と、八丈島や三宅島を抱える伊豆諸島の検索ボリュームの大きさが目立ちます。

串本などを抱える紀伊半島と、葉山などを抱える湘南三浦も善戦しているといえるでしょう。

一方で東北や東海エリアは虫メガネが肉眼で見えるか見えないかの大きさに…

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、今回全国250ヶ所のダイビングポイントを15のエリアに分けたのですが、上記のインフォグラフィックには2地域ほど掲載されていないエリアがあります。

圧倒的な人気の2大巨頭!

人気ダイビングポイントランキング

あえて載せなかったのにはわけがあります。

虫メガネの大きさが大きくなりすぎて、他のエリアの事がよくわからなくなってしまうんです。

ということで、先ほどのインフォグラフィックに載せなかったのは伊豆半島と宮古八重山諸島。

その2つがこちら。

圧倒的!!

その検索ボリュームは、先ほど取り上げた薩南諸島や伊豆諸島の3倍以上!

伊豆半島を中心に活動している筆者としては嬉しい限りなのですが、せっかく暖かい海、冷たい海の双方を持ち、世界でも希に見る豊富な海洋生物相を持つ日本にいるのであれば、全国的に盛り上がって欲しいものです……。

Google的人気ポイントランキング20

スポットごとの平均月間検索ボリューム第1位から第20位までをドドーンと発表します!!

第1位 石垣島 4660件
第2位 宮古島 3810件
第3位 大瀬崎 1950件
第4位 屋久島 1920件
第5位 八丈島 1650件
第6位 串本 1440件
第7位 初島 1330件
第8位 富戸 1050件
第9位 伊豆大島 1040件
第9位 奄美大島 1040件
第9位 柏島 1040件
第12位 雲見 1030件
第12位 久米島 1030件
第14位 与那国島 890件
第15位 井田 770件
第16位 西表島 750件
第17位 川奈 740件
第17位 与論島 740件
第19位 伊豆海洋公園 670件
第20位 勝浦 630件

日本が世界に誇る石垣島が第1位。
日本一のダイビングスポットと称される大瀬崎も第3位に食い込んでいます。

さすがにベスト20だけあって、押しも押されぬ人気スポットが並びます。

現地の方には失礼かもしれませんが、この中で見ると若干マイナーな井田や川奈、勝浦の善戦は素晴らしいですね!

この夏のダイビング、行き先が決まっていない方はぜひ参考にしてみていただければと思います!

(ライター/細谷 拓)

ページトップへ