串本でピグミーシードラゴンが登場! 久しぶりのスーパーチリンチリン!?

doragon1

和歌山県の串本でピグミーシードラゴンが出現。
発見したのは、ダイビングショップマリンステージ串本店の谷口勝政さん。

早速、お話をおうかがいしました。

ピグミーシードラゴンとは……ヨウジウオ科の仲間で、和名はなく愛称。ヨウジウオ科の仲間は“シードラゴン”呼ばれ、とても小さいという意味を持つ“ピグミー”がくっついて、ピグミーシードラゴン。ちなみに、同じヨウジウオ科でもタツノオトシゴ属の仲間は“シーホース”と呼ばれ、同じくとても小さいピグミーシーホースは有名。

ーー

発見したのはいつでしょうか?

谷口さん

2017年5月27日です。

ーー

発見した時はどのような状況だったのですか?

谷口さん

ゲストを連れての2本目。
水深17mあたりでゲストが撮影に集中されていたので、次の被写体を探していました。
ちょうどジャパニーズピグミーシーホースを探していたのですが、そんな目線で見ていたら、糸のようなものがふわふわと泳ぎ出した!

もう、忘れかけていたピグミーシードラゴン!

久々に興奮して、スーパーチリンチリンしてしまいました(注:水中でベルを激しく鳴らす)。

doragon2

ーー

スーパーチリンチリンしたんですね(笑)。
大きさはどれくらだったのですか?

谷口さん

サイズは2㎝程度。
太さは髪の毛くらいです。

ーー

髪の毛……! めっちゃ細いですね。
過去にもピグミーシードラゴンにも遭遇したことはありますか?

谷口さん

本州では2回目!
9年前のこの時期にも串本で出ました。
その他、国内では沖縄、奄美周辺以外聞いたことがないです。

ピグミーシードラゴンの情報、ありがとうございました。

髪の毛くらいの細さの生物を見つけるなんて、ガイドの方は本当にすごいです……。

今すぐ会いたい気持ちになりますが、リクエストしてもきっと困るだけだと思いますので(笑)、いつか会いたいリストに加えておきましょう。

(情報提供/マリンステージ串本店・谷口勝政さん
写真提供/チャーリーちゃら男(ゲスト様))

◆谷口勝政さん プロフィール◆

S_5139730966868
よくお客様から「日焼けサロンに行ってるの?」と聞かれるほど焼けた肌の持ち主。
19歳でダイビングを始め、串本から、伊豆、グアムを経験し串本に戻る。
ダイビングを始めた頃からの夢だった自分の店を2006年でオープン。
心底ダイビングが好きなので、お客さんがいない日でも頻繁に潜っては生物観察や水中写真をしています。生物好き、写真好きダイバーはぜひ僕と潜って欲しいです。
ガイド会に所属。
毎月29日が谷口の更新担当日です。

コメントを残す

writer
PROFILE
1989年生まれ。
専門学校を卒業後、歯科衛生士として歯科医院に務める。
多忙な日々を送る中で、ハマったダイビングとカメラと旅行。
オーシャナとの出会いで一念発起し、歯科医院を辞めカメラマンを目指すために東京から伊豆へ移住。
昼はダイビングサービスを手伝い、夜はアルバイトをしながら1年間で450本潜っていたが、耳の問題でドクターストップがかかり東京に戻ることに。

現在はオーシャナで編集・ライターとして修行中。