荒俣宏先生の“海あそび塾”イベント「海あそび大探究 DEEP & WIDE編」開催

2016年3月26日(土)、中野マンガアートコートで荒俣先生の海遊び塾「海あそび大探究 DEEP & WIDE編」が開催されます。

とにかく、来てください、見てください。

塾の目的は、磯をガイドできるアマチュア専門家を世に出すこと。
ゆくゆくは、昆虫や植物のマニアのみなさんとも交流できる、おもしろ話とまじめな発見の両方を発信できる「海のスペシャリスト」を目指します。

実習では磯遊びとダイビングにも行きますよ。

今回は、当イベント初の女性スピーカーも登場、楽しみです!

え? 誰?

はい、わたくしJuliaです。

初プレゼンします! ドキドキ……ダダダダ大丈夫か?

プログラムの内容を紹介します。
濃厚です!

プログラム

1.さとう 俊  「目玉の新冒険 360度編」 
「ぼっちゃん1号」の開発以来、つぎつぎに斬新で妖しい(!)水中写真の開発に邁進してきた副塾長が、今度こそやりました! これまで見たことがなかった驚異の映像! この新機材をもって撮影に挑んだのが、ダイバーに知られた秘境「マリゴンドン洞窟」の映像です。深度30mに近いドロップオッフの洞窟にすむ珍魚と、われら探検団の苦闘ぶりをご覧頂けることになりました。ぜひご期待ください。

2.アラマタ・ヒロシ 「知らずに死ねる怪(かい)!」
あいかわらずの博物ボンクラ学者が考える海の神秘の意味。今回はシーズン(季節)と生物の生理について語ります。それはフィリピンのセブ島でウニう どんを食べながら気がついた、ちょっとした疑問から始まりました。たぶん、よだれがでてくるような写真もご用意できるでしょう。さあ、どんな話になるやら、本人にもわかりません。

3.鈴木 香里武 「水槽の中での死に様を見届けよ」
海水魚飼育歴=年齢=24年の岸壁採集家。長年魚を飼っていると、様々なカタチの死を目の当たりにします。中には「一体何が起こったの?」と目を疑うような変死事件も。魚の癒しを提唱するフィッシュヒーラー・鈴木香里武が、全く癒されない暗く悲しい話をしますので、皆様、ハンカチのご用意をお忘れなきよう。

4.重城 のり子 「海のふしぎなFACE BOOK」
壁のシミすら顔に見えるのが「心霊写真」? いや、貝のかけら一つでも「顔面」に見せてしまう驚異の「顔面」が、海中には無尽蔵にある! キュートな感性さえあれば、海のなかは霊界よりおもしろい!! どなたでも撮れる眼力写真の傑作大公開だ。

5.藤原ゆり(元水族館人)「恋すればわかる、魚ごころ」
繁殖行動こそが生命のいちばん晴れやかな主張であり、人間も共感する。これまで生物研究に「擬人化」はタブーだったが、それは正しいだろうか。実験 してみよう、魚の恋愛にもドラマが読み取れないかどうかを。満月の夜は恋のクライマックス! 現代人…を通り越して海の生物にその神髄を求めます。時間も 種族も越えた「共感」を、ご覧ください。

公式facebookページより
「本年も、海の謎を究明し、生命の神秘を楽しむ「海あそび塾」を開催します。よろしくおねがいいたします。高齢者になっても好奇心だけは負けない塾長アラマタ、造形作家として大爆発中の副塾長さとう俊は、まだやりますよ。本年からは、過去の開催を通じて知り合った「海ばか」メンバーも参加し、深おもしろいトークと実演をお届けします。みなさんのご参加を、心よりお待ち申し上げます!!」

【海あそび大探究 DEEP & WIDE 編】

■日時:2016年3月26日(土) ※午後1時半~4時
■場所:中野マンガアートコート
http://www.taiken-art.com/namac/access.html
■費用:1,000円(12歳以下は無料)
■定員:50名(定員になり次第募集終了)
■スケジュール詳細、お申込み方法はこちらから↓
http://www.mamechi.com/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=umiasobi

【海あそび塾】
塾長  荒俣宏
副塾長 さとう俊
塾頭  鈴木香里武

【JULIAプロフィール】

写真/JULIA

写真/JULIA


生まれも育ちも房総半島。自称:半農半漁、時々ダイバー。2001年からダイビング開始。キモカワユスな生物が大好きなお絵描きダイバー。格安で入手したコンデジ4台をすぐに水没させ、「1000本潜るまでカメラは買わない」と心に誓う。初めての新品の10m防水のOlympus μを購入したが、半年後、キモカワユス生物をメルヘンに撮りたくデジタル一眼レフを購入し今に至る。目指すはキモカワユスの伝道師。海ネタ中心のJuliaのブログ(http://seahorse.exblog.jp/)、ぜひご覧ください。

コメントを残す

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。