ヘッドラインHEADLINE

パラオ、ocean+αロケ2日目 グレートハンマーに会っちゃった閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート

デイドリームでのロケ2日目。
今日はシャークシティではなくて、ウーロンチャネル&シアス方面へポイントを変更。

1本目はギンガメの群れ。
ここのギンガメはブルーコーナーよりまとまりが良いので、撮影がしやすかった。

そして、2本目。シアストンネル。
「ここの狙いは?」とガイドの遠藤さんに訪ねると、「マクロオンリーです、ハゼとかハゼとかハゼとか」と断言。
「じゃあ、ワイドは?」との質問に「いらないと思います」というので、マクロのみ持ってエントリー。

トンネル内で、ハゼ沢山撮って、デコ出して穴の出口から出てきて「今からディープストップしましょう」という指示を受けた直後、濃紺の海底からウネウネした動きのサメが浮上してきた。
「あれ!?グレートハンマーじゃん!」

当然の事ながら、遠藤さんは興奮してタンクを鳴らし、指さしている。
そしてそいつは、“ワイドの一眼レフカメラを持たない”僕の方に接近してきた。
手に持ってるのは、さっきまで、アケボノハゼとかベニハゼとか、撮影していたマクロの一眼レフ。

「こ、これは、まずい、このレンズでは近過ぎる」とそのとき、BCのポケットにコンデジのPanasonic Lumix DMC-FT4を入れておいたのを思い出し、咄嗟に取り出して撮影。

パラオ・グレートハンマーヘッドシャーク

こういう予期せぬ大物の出現時、BCに入れておけるスリムサイズのコンデジは役に立つなと実感。
でも、やっぱり一眼で撮りたいよね。これだけ近ければ。

パラオ・グレートハンマーヘッドシャーク

「やっぱり越智さん、大物運ありますね」」と遠藤さんにボートに戻ってから言われたけど、遠藤さんの大物運も相当なものだということを忘れていた。
これからは、遠藤さんと潜る時は、「マクロオンリーで!」と言われても、ちゃんとワイド一眼も持って行こうと心にきめたワンダイブでした。

ちなみグレートハンマーは、大物運の強い遠藤さんでも年に2回くらいしかパラオで遭遇しないくらいレアだそうです。

ページトップへ