ヘッドラインHEADLINE

IGフェス仕掛け人インタビュー!石垣島を愛する2人の男が“音楽×水中写真イベント”で盛り上げる!「IG ISLAND FES. 2019 by島ぽよ」の舞台裏閲覧無制限

カテゴリ:
PR, イベント, 水中写真

IGfes_in

2019年10月20日(日)に沖縄・石垣島で開催される、音楽×水中写真のコラボを楽しめるフェス「YDA presents IG ISLAND FES.2019 by島ぽよ」(以下IG ISLAND FES.2019)
今年からスタートするこのイベントの仕掛人の長谷川孝雄さんと武藤洋さんのお二人に、イベントにかける意気込み、舞台となる石垣島への熱い思いを伺った!

水中写真と音楽が融合した新しいフェス
「IG ISLAND FES 2019」とは

沖縄の数ある島々の中でも、マンタと高確率で会えることからダイバーに高い人気を誇る石垣島。そんな石垣島で、音楽フェスとフォトコンテストを融合したイベント「IG ISLAND FES. 2019」が10月20日(日)に開催される。会場は離島ターミナルから徒歩5分とアクセス便利な石垣市新栄公園多目的広場特設会場。

IG ISLAND FES.2019」で開催されるフォトコンテストは、賞金賞品総額がなんと300万円。しかも入場無料で音楽フェスが楽しめるという超太っ腹なイベントだ。

▶︎【IG ISLAND FES.2019】開催決定!石垣島で新しいマリンイベントが誕生☆ダイバーのみんな集まれ~!
▶︎【IG ISLAND FES.2019】賞金賞品総額300万円!!豪華すぎるフォトコンテストの詳細発表しちゃいます☆

IGfes01

長谷川さん

私は石垣島の海でダイビングをして、その素晴らしさにすっかり魅了されて、一年前から移住しています
水中写真を撮るのが大好きで、自分自身もフォトコンに応募した経験もあり……、ぜひ石垣島でフォトコンを開催してみたいと思いました。

でもフォトコンだけだとちょっと弱いかな、音楽フェスも同時開催することで、多くの人に集まっていただけるのではないかということで、音楽×水中写真のフェスの開催という発想が浮かびました。

長谷川さん

長谷川さん

石垣島の海を多くのダイバーに楽しんでほしいと思う長谷川さんは、新しくダイビングの予約・および、コンシェルジュサービスを行うWEBサイト「島ぽよ」を立ち上げ準備中だ(10月中公開予定)。

shimapoyo_top01

現地のダイビングサービスは、夕方にしか連絡がつかないことも多く、予約を取りたいときに取れないというジレンマがある。
それを解消し、かつ、優良なダイビングショップを選んで前日でも(もしくは、当日も!)すぐに予約できるというシステムで、ダイビング以外にも島内で楽しめるいろいろなアクティビティの予約もできるようにしていく予定だ。
ちなみに今回のフェスの後援も「島ぽよ」が行っている。

長谷川さん

石垣島はこんなに多くの観光客が訪れるのに、観光施設や設備が少なくて、まだ発展途上だと思います。石垣島に大都会になってほしいわけではありませんが、遊びに来た方たちに『石垣っていいところじゃない!』と感じてもらえたら。

ダイビングに関しても、利用するショップによって海の印象も随分変わります。皆さんが楽しかったと思って帰ってくれるショップを紹介したいと思って、『島ぽよ』をスタートしました。

『最高でしたー!』というコメントがいっぱいくるようなサイトにしたいですね。

そんな長谷川さんと一緒に、「IG ISLAND FES.2019」の主に音楽フェスのブッキングなどを担当しているのが武藤さんだ。武藤さんはディレクター、プロデューサー、演出家として、音楽業界で長年にわたり活躍してきたキャリアの持ち主。

武藤さんもまた、石垣島の海に魅了されたダイバーの1人だ。

武藤洋さん

武藤洋さん

武藤さん

僕も石垣島の海で潜って、水中写真を撮るのが大好きです。ダイビングポイントがバラエティに富んでいるので、冒険心を満たしてくれます。10本のビギナーでも、100本潜っている人でも、1000本以上のベテランでも、誰もが楽しめる海だと思います。

僕自身は、ほとんど人がいない北部の海が大好きです!

石垣島を心から愛する二人の男が仕掛け人の「IG ISLAND FES.2019」、いったいどんなイベントになるのだろうか?
今回、水中写真撮影を趣味にするお二人が、石垣島で撮影したお写真もお借りした。イベントの詳細と合わせて、ご紹介していこう。

賞金賞品総額300万円!
豪華なフォトコンに込められた思いに迫る

IG ISLAND FES.2019」の両輪の一つが、フォトコンテスト賞金賞品総額300万円という、水中写真関連のフォトコンテストとしては他に類を見ない豪華さだ。審査員長は水中写真家・中村宏治氏、審査員には古見きゅう氏、関戸紀倫氏、MAAKO氏と、こちらも贅沢な顔ぶれ。

長谷川さん

フォトコンをやるなら、中途半端にしたくないという思いが強かったです。石垣島まで来るのには、旅費もかかりますよね。
賞金をその旅費の一部に充てていただいてもいいですし、8,000人近い人が集まる会場で表彰されることは、大きな励みになると思います。

私が一番石垣で好きなポイントのヨナラ水道のマンタです!下が砂地のため写真映えがする&流れが速いのでマンタがずっと静止してくれてるので、写真が撮りたい放題という素敵なポイントです。(長谷川さん)

私が一番石垣で好きなポイントのヨナラ水道のマンタです!下が砂地のため写真映えがする&流れが速いのでマンタがずっと静止してくれてるので、写真が撮りたい放題という素敵なポイントです。(長谷川さん)

「IG ISLAND FES.2019」のフォトコンがおもしろいのが、「一般ダイバー部門」などのアマチュアダイバーを対象にした部門のほかに、プロカメラマンやガイドなどが応募できる「プロフェッショナル部門」も設置されていることだ。

長谷川さん

インストラクターの方たちも水中写真を撮って、ブログやSNSにアップしたりしていますよね。フォトコンに応募していただき、入賞すればガイドとして注目されたり、いろんなメリットがあると思います。

今回のフェスは八重山ダイビング協会(YDA)」に加入しているダイビングショップを利用して撮影した石垣島の水中写真が応募条件になっていますが、ガイドやスタッフの方にもフォトコンに参加していただけたらと思います。皆さん結構乗り気になってくれています。

また単純に、自分自身もガイドやプロカメラマンが撮った写真は、見てみたいですよね。それも今回、『プロフェッショナル部門』を設置した理由の一つです。

ヨスジフエダイの群れがいてすごくキレイ!石垣でもほとんどのショップが行くジャガイモというポイントです。(長谷川さん)

ヨスジフエダイの群れがいてすごくキレイ!石垣でもほとんどのショップが行くジャガイモというポイントです。(長谷川さん)

さらにこのフォトコンには、ダイビングをしない人でも参加できる「人物部門」、「お笑い部門」なども設置されている。

武藤さん

ビーチでママがお子さんを撮影した写真なども、『人物部門』に応募していただけます。
石垣島の方たちにも、フォトコンに応募していただきたいですね。

参加者をダイバーに限定しない、間口が広い長谷川さんの発想はとてもいいと思います。「IG ISLAND FES.2019」をいろいろな人が楽しめる、排他的でないイベントにしたいという思いが強いんです。

巷のフォトコンテストでは、入賞作品はホームページで発表→後日、表彰します、などという場合も多い。しかし「IG ISLAND FES.2019」では、入賞者には多くの人に自分の写真を見てもらい、目の前で拍手をもらう喜びを感じてほしいという。
「わくわくするフォトコン」を目指しているというので、どんなフォトコンになるのか期待が高まる!

黒島の亀のポイント。亀が腕を組んで怒ってるような感じに見えてお気に入りの1枚です。(長谷川さん)

黒島の亀のポイント。亀が腕を組んで怒ってるような感じに見えてお気に入りの1枚です。(長谷川さん)

音楽フェスにはビッグネームから
若い才能あるミュージシャンまでが出演!

IG ISLAND FES.2019」の構想を考えたとき、長谷川さんはフォトコンテストについてはすぐにアイデアがまとまったけれど、音楽フェスに関しては誰かの力を借りないと実現させるのが難しいと思ったそう。

そこで抜擢された強力なパートナーが武藤さんだった。
音楽業界で長年の実績と経験をもつ武藤さんは、フェス開催についてのノウハウも人脈も豊富。現在、出演アーティストの最終調整中だという。

これは2018年にマンタ部門できゅうさんに銀賞を頂いた時の別テイク。VRの流し撮り?ですね。このテイクの直後にカメラと僕の間をマンタの尻尾が通り抜けたんですが、ビビったし、なんかマンタにからかわれてるような気になりました。(武藤さん)

これは2018年にマンタ部門できゅうさんに銀賞を頂いた時の別テイク。VRの流し撮り?ですね。このテイクの直後にカメラと僕の間をマンタの尻尾が通り抜けたんですが、ビビったし、なんかマンタにからかわれてるような気になりました。(武藤さん)

長谷川さん

石垣島では、著名なアーティストのライブはあまり行われる機会がありません。今回の音楽フェスでは、島在住の人たちにも音楽を楽しんでもらえたらと思っています。石垣島の人たちはイベント好き、お祭り好きなので、たくさんの方が集まってくださると思います。

入場無料にすることで多くの方を招待して、ダイビング関係の方たちにも大勢参加していただきたいと思っています。

武藤さん

今回が初回なので、出演アーティストのブッキングには苦労もありますが、現在最終調整中です。
どんな層にも愛されるビッグネーム、石垣島の地元の音楽がアピールできるミュージシャン、そしてこれから才能を開花させる若くて才能がある人、とこの3種類がバランスよく出演するフェスにしたいですね。若い才能に焦点を当てるのは、音楽フェスの使命だと思っています。

また音楽フェスとフォトコンをコラボさせることで、海のことをあまり知らなかった人にも、フォトコンの作品を通じて、石垣の海の素晴らしさをより身近に感じてもらえるというメリットもある。

武藤さん

よく『海を守りたい』という言葉を聞きますが、守るべき対象がどういうものかを理解していないと、何をどのように守っていけばいいのかわからないと思います。
石垣島に住んでいる方たちでも、海で泳いだり、潜ったりしたことがない方は意外に多いものです。そんな海の中をのぞいたことがない方たちも、フォトコンの入賞作品を見ることで『きれいな海を守りたい』という気持ちが高まってくるかもしれません。

今回のイベントだけでは環境保護への啓蒙活動にはならないと思いますが、8000人の来場者の中で10人にでも思いが届けばいいかなと思っています。

音楽や写真には、人の心を動かす力がある。「IG ISLAND FES.2019」に参加することで、石垣島の海を知り、海を守ることへの関心が深まる来場者もきっといるはずだ。

石垣北部の「琉球ガーデン」というポイントで、トップ3mからボトム15mまで琉球菊花珊瑚がドバーっと咲き乱れてます。いつも濁り気味なのでうっすらと下が見えるんですがそれがモヤっぽくってとても神秘的で秘密のパワースポットですよ…そこでパワーチャージしている姿です。実際ここまで珊瑚が広がるまで多分何百年もかかる訳で、俺だったら「千年珊瑚」って名前にしましたね。(武藤さん)

石垣北部の「琉球ガーデン」というポイントで、トップ3mからボトム15mまで琉球菊花珊瑚がドバーっと咲き乱れてます。いつも濁り気味なのでうっすらと下が見えるんですがそれがモヤっぽくってとても神秘的で秘密のパワースポットですよ…そこでパワーチャージしている姿です。実際ここまで珊瑚が広がるまで多分何百年もかかる訳で、俺だったら「千年珊瑚」って名前にしましたね。(武藤さん)

第1回目の「IG ISLAND FES.2019」を
成功させることで、先に繋げていきたい

開催まであとわずかとなった「IG ISLAND FES.2019」。最後に仕掛け人の二人に今後に向けての抱負を伺ってみた。

長谷川さん

このイベントは、10年、20年と続けていきたいと思っているのですが、まずは今年が鍵になると思います。
音楽関係は武藤さんに協力していただき、来年はもっとすごいものにしていきたいと思います。

基本僕はGoproで写真を撮ってる訳ですが、僕の海の写真は報道でも記録でもないので所謂「心象風景」を撮りたいと思ってます。だからHDRも多いしVRもやります。自分が「うわっ!」って思えばその「うわっ!」って気持ちを切り取りたい訳ですね。(武藤さん)

基本僕はGoproで写真を撮ってる訳ですが、僕の海の写真は報道でも記録でもないので所謂「心象風景」を撮りたいと思ってます。だからHDRも多いしVRもやります。自分が「うわっ!」って思えばその「うわっ!」って気持ちを切り取りたい訳ですね。(武藤さん)

武藤さん

どれくらい写真が集まるだろう? どれくらい人が来てきてくれるんだろう? また当日晴れるかな?(笑)とか、不安はいろいろあります。でもそこは頑張るしかないと思っています。
第1回の今回は、音楽ファンがわざわざ来てくれるかはわからないので、島の中での認知度を上げて、来年への期待をあおりたいと思います。

海と音楽は相性がいいですよね。
10月の沖縄はまだ夏。石垣島での夏の終わりに『今年の夏はいい夏だったね』と、来場者が思い出を語り合えるようなフェスにしたいですね。入場料無料ですし、気軽に遊びにいらしてください。

音楽と水中写真が楽しめるという画期的なフェス「IG ISLAND FES.2019」。
記念すべき第1回、開催はもうすぐだ!

※2019年9月12日取材時の情報です。
※出演アーティスト情報は、「IG ISLAND FES.2019」公式サイトで最新情報をチェック!(オーシャナでも近日発表記事公開予定です)

プロフィール

石垣ダイビング優良サイト「島ぽよ」代表
長谷川 孝雄

2017年、石垣島の海に魅了されて移住。毎日のように潜ってカメラ撮影を楽しんでいる。

ディレクター・プロデューサー・演出家
武藤 洋

レコードレーベル「ムーンレコード」にてディレクタ一・プロデューサーとして活躍後、1994年(有)ムトーアソシエイツ音楽制作部を設立。メジャー・インディぺンデント、邦楽·洋楽問わず多くの作品のプロデュース、ディレクションを行う。

\IG ISLAND FES.2019 関連記事/
▶【IG ISLAND FES.2019】開催決定!石垣島で新しいマリンイベントが誕生☆ダイバーのみんな集まれ~!

▶【IG ISLAND FES.2019】賞金賞品総額300万円!!豪華すぎるフォトコンテストの詳細発表しちゃいます☆

▶【IG ISLAND FES.2019】きゃりーぱみゅぱみゅが石垣島初上陸☆フェス出演アーティストラインナップを発表!

▶【IG ISLAND FES.2019】フォトコンゲストMCは品川祐さん☆一般ダイバー&スキンダイビング部門の応募は10/19まで!

▶「IG ISLAND FES 2019」開催レポート!8000人が集結したフォトコン結果発表&きゃりーぱみゅぱみゅのライブの様子とは!?

ページトップへ