ヘッドラインHEADLINE

貴重な“サンゴのけんか”の撮影に初成功! 中村征夫の写真絵本『サンゴと生きる』閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

中村征夫の写真絵本『サンゴと生きる』が発売された。

サンゴの生態や自然環境を学びながら、普段なかなか遭遇することが難しい貴重なサンゴの写真も紹介されている。

新型コロナウイルスの影響で、ダイビング・シュノーケリングなどマリンアクティビティから疎遠になっている方や、サンゴ好きな方にもおすすめしたい。

サンゴの姿を通して自然環境を学べる一冊

水中写真家・中村征夫さんが、サンゴの生態を「写真絵本」として描いた本書。
サンゴがどんな環境で、どんな生き物たちと暮らしているのか、海の神秘と自然の循環をサンゴに住むオオアカホシサンゴガニの視点から、子どもたちにもわかりやすく解説されている。

本書の監修には、東京大学大学院理学系研究科教授で海洋教育センター副センター長でもある茅根創さんの協力の元、学術的にエビデンスを取り、地球温暖化をはじめとする環境問題などを、サンゴの生態を通して、自然環境について考えるきっかけとなる一冊だ。

サンゴの“けんか”シーンの撮影に初成功

著者の中村征夫さんが本書のために沖縄・慶良間諸島を訪れ、初めてサンゴが”けんか”している様子の撮影に成功。
日照権を争うサンゴ同士の壮絶な闘いの様子を、鮮明に見ることができる貴重な写真だ。

帯にはさかなクンからのメッセージ

本書の帯には、東京海洋大学の名誉博士であり、多岐に渡った活動をしているさかなクンから直筆のメッセージとイラストが描かれており、さかなクンのキュートなイラストが目印。

書籍概要

中村征夫の写真絵本『サンゴと生きる』
写真・文:中村征夫
監修  :茅根創
定価  :1,320円(本体価格:1,200円)

【株式会社大空出版について】
2000年4月設立。ジャンルにとらわれず、さまざまな書籍を発行する総合出版社。
主な発行物は、昭和の懐かしいアイテムを紹介するシリーズ「まだある。」や、新しいスタイルの相撲本として注目を集める「相撲ファン」など、近年は電子書籍の発行にも取り組んでいる。
URL:https://www.ozorabunko.jp/ozora/
本書の詳細:https://www.ozorabunko.jp/books/other/sango/

ページトップへ