阿部寛、手錠を持ったダイバー役で水中事件に挑む日曜劇場が来年1月に放送

幅広い役柄をこなす個性派俳優として人気を誇る阿部寛が、2022年1月に放送予定のTBS・日曜劇場『DCU』の潜水特殊捜査隊役として主演を務めることが決定した。本作は海上保安庁に新設された架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」が、未だ解き明かされていない水中未解決事件を解明していくというストーリー。

島国であり人口の水場も多い日本では、水にまつわる事件が数多く発生しているとのこと。しかしながら、地上の事件に比べ危険や困難を伴うため解決に導くことが難しいという。仮に、水中事件や水難事故に特化した世界レベルの精鋭スキューバダイバー捜査官が存在したとすれば、日本の将来に明るい光を灯す強力な組織になるだろうといった野望も込められている。そんな架空のスペシャリスト集団・DCUの隊長を務める阿部寛。彼のダイビング姿も見どころのひとつだ。

本作は、ハリウッドの大手制作プロダクションと、カナダを中心に世界市場へテレビシリーズの開発・制作・配信を手掛ける制作会社、そしてTBSの3社で共同制作するオリジナル作品になっており、阿部本人の世界進出も夢じゃないと各メディアは報道している。

撮影は海上保安庁の全面協力のもと行われるという。実際の巡視船や防災基地でのロケも予定されており、視聴者の緊迫感を煽る映像になることが期待できるだろう。また、本作を手掛けるのは大人気ヒットドラマ「半沢直樹」をプロデュースした伊與田英徳氏。新たに世間の心を掴むヒットシリーズになるかもしれないと胸も高鳴るばかりだ。

阿部寛さんコメント

「このたび『DCU』という水中に特化した捜査をするという、新しいジャンルのドラマに挑戦することになりました。このジャンルのドラマは世界初だそうです。今からワクワクしています。海は勿論、湖、川、プール…、水があるところならどこでも駆けつけて捜査します。ダイビングシーンもあるそうで、今から準備をはじめています。海上保安庁さんに全面協力していただいての迫力あるシーンと、ハリウッドなどで活躍されている海外のクリエーターとのコラボ。そこから生まれる映像もきっと皆さんに楽しんでいただけると思います。
チームで全力で取り組みますので新しい要素がたくさん詰まった日曜劇場を楽しみにお待ちいただきたいと思います。
宜しくお願いします」。

伊與田英徳(番組プロデューサー)コメント

「この企画を目にした時、是非ともやってみたいと心躍ったのを昨日のことのように覚えています。その時、この主人公の男は、阿部寛さんしかいないと勝手に確信しました。その阿部さんに、この役を演じていただけることになって今からワクワクしています。そして、今回、世界でたくさんのヒットドラマを輩出している制作会社のケシェットと、この素晴らしい企画を開発したファセット4と共同制作できることも大変楽しみです。さらに、日本の海を守っている海上保安庁のご協力でリアリティを追求した撮影ができることになりました。迫力のある映像も楽しみです。
世界で活躍する皆さんとスクラムを組んで、日曜劇場を支えてきていただいた阿部寛さんと、水に恵まれた日本でしかできない一期一会のドラマを全力で作っていきたいと思います。楽しみにお待ちいただきたいと思います」。

引用先:https://www.tbs.co.jp/DCU_japan/

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

1 件のコメント
コメントを残す
PROFILE
静岡県西伊豆町出身。

ドルフィントレーナー専門学校を卒業後、ダイビングインストラクターや操舵手といった海に関わる職歴を持つ。

現在は、ライターとして「地球に暮らす全ての生き物がHAPPYな未来を」と願い、記事を書く。