【水中写真家による海とダイビングのイベントまとめ】8月後半〜10月編

この記事は約8分で読めます。

夏は夜。 月のころはさらなり。 やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、 ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。

(清少納言「枕の草子」より)

清少納言は、夏は夜がいいと言っていた。それは、月が現れる夜は言うまでもなく、新月の折には、月のように輝く蛍が飛び交うのは風情がある。かと言って、1匹2匹とほのかに光っている蛍をみるのも趣があるからだと。

蛍と言えば、2011年の夏にボランティアで岩手県陸前高田市に訪れた時のこと。

夜、みんなが集っていた部屋に少し大きな虫が入ってきた。飛び回る虫にふためいていたら、誰かが言った。

「蛍!?」

すぐさま電気を消すと、期待を背負ったその虫はほのかに光って見せた。消灯という闇の中ではあったが震災後の自然の力に魅せられてしまった。震災から10年がたった今でも、夏のいい思い出だったと記憶している。

暦の上では既に秋。しかしまだまだ暑い日は続くだろう。残りの夏では、どのような「をかし(趣)」と出会えるだろうか。
水中の世界を表現している写真家たちがお届けする、海のイベントをご紹介。

*フォトツアー
8月20日(金)〜8月22日(日)《福岡・玄界灘》
むらいさち】【中村卓哉
ゆるかたフォトイベントin玄界灘

撮影 中村卓哉

開催場所(集合場所):福岡県福岡市西区宮浦2129−21
ダイビングサービス名:SUNS DIVE
内容:うみカメラマン・むらいさち氏&水中写真家・中村卓哉氏の「ゆるかた」コンビによる玄界灘ツアー。世界遺産、神宿る沖ノ島や小呂島でのダイビングでイサキウォールを狙う。
問い合わせ先:https://suns-dive.jp/contact/

*フォトツアー
8月24日(火)〜8月28日(土)《沖縄・伊平屋島》
越智隆治
サンゴの王国・伊平屋島SP第一弾

場所:沖縄県島尻郡伊平屋(那覇市内集合解散)
ダイビングサービス名:サワディダイブ
内容:今年5月の視察ツアー終了後すぐに、夏のツアーの開催を決定。伊平屋島の海中は、どこまで泳いでも途切れることのないサンゴの丘陵で埋め尽くされており、砂地のサンゴのオアシスにも元気なサンゴが群生し沢山の魚たちが根付いている。スーカブヤーというギンガメアジやイソマグロの群れ狙いのポイントでは、ダイナミックなダイビングが楽しめる。
問い合わせ先:http://sawasdee.kachoufuugetu.net/booking.html

*写真展
8月24日(火)〜9月4日(土)《東京・銀座》
【竹沢うるま】
「Boundary | 境界」アンコール

開催場所:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング 1F)
時間:10:30~18:30(日曜・月曜・祝日休館)
内容:およそ4年ぶりとなる写真家・竹沢うるま氏の新作「境界」をテーマにした写真、約25点を展示。「Boundary | 境界」(青幻舎)の写真集も販売!4月末の緊急事態宣言により急遽短縮となった東京展でしたが、この度アンコール開催が決定。
問い合わせ先:https://uruma-photo.com/exhibiton/boundary/

*写真展
8月25日(水)~9月13日(月)《東京・丸の内》
むらいさち
むらいさち 写真展「Life is Beautiful」&写真集販売

開催場所:富士フイルムイメージングプラザ東京(東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内 MY PLAZA 3階)
時間:10:00~18:00(最終日は14:00まで/火曜休館)
内容:色彩に強いこだわりを持つうみカメラマン・むらいさち氏。富士フイルムユーザーとしての集大成とも言える展示と写真集。「先の見えない不安が広がるこの時代にこそ、僕の作品が必要とされているのだと信じています。光に満ちた美しい日々をぜひ会場で体感してください」。
問い合わせ先:http://muraisachi.com

*イベント
8月31日(火)~9月5日(日)《鳥取・田後》
中村卓哉
中村卓哉同行・鳥取砂丘沖エリアの開拓ダイビング

開催場所:鳥取県岩美郡岩美町田後37−1
ダイビングサービス名:ブルーライン田後
内容:7月にオープンした鳥取砂丘沖エリア!水中写真家・中村卓哉氏と共に未知の海を開拓&撮影会。探検心くすぐるダイビングをぜひご一緒に!
問い合わせ先:http://blueline.lolipop.jp/

*フォトイベント
9月4日(土)~5日(日)《宮城・女川》
関戸紀倫
自然写真家・関戸紀倫 & サワディダイブの女川 ダイビングイベント

開催場所:宮城県牡鹿郡女川町
ダイビングサービス名:サワディダイブ 宮城ダイビングサービスハイブリッジ
内容:自然写真家・関戸紀倫氏と一緒に潜る、沖縄・サワディダイブのイベントが宮城県の女川の海で開催。
問い合わせ先:https://high-bridge1.com/contacts/reserve/

*フォトツアー
9月21日(火)~9月26日(日)《東京・小笠原》
中村卓哉
小笠原父島 フォトツアー

撮影 中村卓哉

ダイビングサービス名:KAIZIN
内容:水中写真家・中村卓哉氏が同行する、世界遺産の小笠原諸島でのダイビングフォトツアー。※KAIZANでは、新型コロナPCR検査をされた方のみの受け入れている。
問い合わせ先:kaizin@w9.dion.ne.jp

*フォトツアー9月25日(土)〜9月27日(月)《和歌山・古座》
鍵井靖章
水中美術館観覧フォトツアー&「水中美術展フォトコンテスト」開催 鍵井靖章 × 水中美術展プロジェクトin 古座 Vol.2

開催場所:和歌山県東牟婁郡本町古座932-5
ダイビングサービス名:DIVE KOOZA
内容:水中写真家・鍵井靖章氏と版画家・秦まりの、造形作家・岩城典子氏が古座の海(水中)を美術作品で彩る。フォトセミナーでは撮影テクニックを学び、水中作品とお魚が戯れる不思議な世界観を楽しめるはず!。
問い合わせ先:電話 0735-67-7775  /Mail info@dive-kooza.com(担当 上田)

*写真展
9月29日(水)~10月18日(月)《大阪・大阪》
むらいさち
むらいさち 写真展「Life is Beautiful」&写真集販売

開催場所:富士フイルムイメージングプラザ大阪(大阪府大阪市中央区難波2-2-3 御堂筋グランドビル2階)
時間:10:00~18:00(入館は17:50まで/火曜休館)
内容:色彩に強いこだわりを持つうみカメラマン・むらいさち氏。富士フイルムユーザーとしての集大成とも言える展示と写真集。「先の見えない不安が広がるこの時代にこそ、僕の作品が必要とされているのだと信じています。光に満ちた美しい日々をぜひ会場で体感してください。」
問い合わせ先: http://muraisachi.com

*フォト講座
10月16日(土)~10月18日(月)《福岡・福岡》
中村卓哉
福岡水中写真塾

開催場所:福岡県福岡市西区宮浦2129−21
ダイビングサービス名:SUNS DIVE
内容:「カメラを手にして撮影すれば、誰もが撮る者に成るのです。しかし、どう感じ、どう撮るかで、いくら綺麗な自然を写しても、その写真が美しくも醜くもなる」写真塾ではそんな事をたまに話しながら、人々の心を動かすような写真を残すことを目指す水中写真家・中村卓哉氏による講座。
問い合わせ先:https://suns-dive.jp/contact/

*フォトツアー
10月19日(火)~10月22日(金)《鹿児島・硫黄島》
中村卓哉
薩摩硫黄島・海中オーロラフォトセッション「ゲスト篠宮龍三氏」

撮影 中村卓哉

開催場所(出発地):鹿児島県枕崎市
ダイビングサービス名:SUNS DIVE
内容:今回で3回目を迎える「水中写真家の中村卓哉氏とフリーダイバーの篠宮 龍三氏とのフォトセッション」。詳細は後日に発表。
問い合わせ先:https://suns-dive.jp/contact/

*フォトイベント
10月26日(火)〜10月31日(日)《愛媛・愛南》
中村卓哉】【むらいさち
ゆるかたフォトイベントin愛南

開催場所:愛媛県南宇和郡愛南町外泊67−1
ダイビングサービス名:DIVE愛南
内容:うみカメラマン・むらいさち氏&水中写真家・中村卓哉氏の「ゆるかた」コンビによる愛南でのダイビングイベンす。1日からのご参加可能!
問い合わせ先:info@dive-ainan.jp


「夏は海。」
個人的には、そう言いたい気持ちでいっぱいになる。しかし、よく考えてみれば、日本の海は夏も秋も冬も春も、いつだって趣がある。
今は、日本の海をめいっぱい楽しもうではありませんか!

※月に一度、水中写真家によるイベント情報をまとめております。掲載をご希望される方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいませ。
お問い合わせフォーム

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
父が島崎藤村を好きだったわけでも、母が源氏物語を好きだったわけでもなく。ましては、新年や早春に生まれたわけでもないけれど、名は、若菜。
子供の頃に与えられた谷川俊太郎の詩集に影響をうけ、コトバ遊びの楽しさを知る。
大学卒業後、ダイビングツアーを取り扱う旅行会社に入社。2016年に総合旅行業務取扱管理者資格取得。他、総合旅程管理主任者資格所有。
2011年の震災を機に岩手と宮城に通い始め、ワカメの美味しさを痛感し、ワカメ大使として活動中。
FOLLOW