むらいさちの写真展「Life is Beautiful」が大阪でも開催!

ふんわりとした世界観を写し出すうみカメラマン・むらいさち氏の、見た人の心まで優しく包みこんでくれる写真展「Life is Beautiful」が、東京での開催に続き、9月29日より大阪でも開催。

色彩に強いこだわりを持つむらいさち氏は、長年愛用している富士フイルムのカメラを、他のカメラでは表現できない唯一無二の色味だと評価、富士フイルムユーザーとしての集大成とも言える。さっそく、その詳細をご紹介していこう。

「Life is Beautiful」写真展情報

9月29日(水)~10月18日(月)《大阪・大阪》
開催場所:富士フイルムイメージングプラザ大阪(大阪府大阪市中央区難波2-2-3 御堂筋グランドビル2階)
時間:10:00~18:00(入館は17:50まで/火曜休館)
※最終日は14時まで

「Life is Beautiful」の写真集も発売中、「こんなご時世だからこそ、僕の写真で癒やされて」

今回の「Life is Beautiful」は、水中のみならず、陸上も含めた地球全体にフォーカスし、むらいさち氏の目をとおして見たゆるふわな世界を写し出した写真集も出版されている。その写真集は200枚の写真で構成されており、その背景には「このご時世だから、自分の写真で癒やされてもらえるような写真集を作りたいと思ったんだ。自分の癒やしやご褒美に、友人や頑張っている人たちへの感謝や共感に、贈りたくなる写真集を!」といったむらいさち氏の想いが込められている。より多くの人の心を癒やすため、お求めになりやすい値段設定にもこだわっている。

詳細はこちら▼

むらいさちの写真展「Life is Beautiful」アフターレポート

むらいさちさんプロフィール


沖縄でのダイビングガイドを経て、写真の世界へ。雑誌や広告での撮影をメインに、エッセイの執筆、トークショー、メディアへの出演や、旅を楽しみながら撮り方を教えるワークショップ、町おこしを応援するフォトツアーの企画開催など、その活動は多岐に渡る。水中からオーロラまで地球全体をフィールドに、一年の多くを取材先で過ごし、「しあわせな瞬間」を追い求め撮影を続けている。描くように撮る独自の手法で、他にはない、やわらかく優しい色の世界を表現した作品は、癒やしを求める女性から、人気を博す。

著書:写真集「ALOHEART」「LinoLi」(LifeDesignBooks)、「きせきのしま」(小学館)、FantaSea(BUNKADO)、「しあわせのとき」(LibroArte)写真絵本「よるのこどものあかるいゆめ」詩:谷川俊太郎(マイクロマガジン)

※写真集「Life is Beautiful」を会場にて発売中

公式HP:http://muraisachi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/murai_sachi/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/MuraiSachi
YouTube UmiSachi TVうみさち:
https://www.youtube.com/channel/UCzYu1IB3PVyiHAt6RLV2upQ

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
PROFILE
静岡県西伊豆町出身。

ドルフィントレーナー専門学校を卒業後、ダイビングインストラクターや操舵手といった海に関わる職歴を持つ。

現在は、ライターとして「地球に暮らす全ての生き物がHAPPYな未来を」と願い、記事を書く。