ocean+αヘッドラインHEADLINE

海洋写真家・吉野雄輔さんの写真と文による「海のかたち ぼくの見たプランクトン」が発売閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ > 水中写真
ビワガニの幼生 幅1㎝

ビワガニの幼生 幅1㎝

海洋写真家・吉野雄輔さんの写真と文で綴られた「海のかたち ぼくの見たプランクトン」(月刊たくさんのふしぎ2017年10月号(第391号))が発売されます。

舞台となったのは、7年通っている山口県青海島の海中。
ここでは春と秋、水深の浅いところでプランクトンや深海生物などが見られます。
出会いのほとんどは海面のすぐ下、1〜2mのところ、人々が暮らす場所のすぐ近く。

体が透明だったり、変わった形をしていたりと、その姿はまるで宇宙からやってきた未知の生命体のようにユニーク。
漂う生きものたちが、ページいっぱいにやってきます。

ミズクラゲに乗るウチワエビの仲間の幼生 体の幅5㎝

ミズクラゲに乗るウチワエビの仲間の幼生 体の幅5㎝

プランクトンを、“海のかたち”と表現する吉野雄介さん。

「海だからこそ“そういう形でいられる”プランクトンは、まさに“海のかたち”。プランクトンというと極小のイメージがあるけど、その多くは目に見えるほど大きいし、割と水面近くにいて、実は身近な存在。でも、陸に住む子供たちは意外と知らないから、まずは写真で“海のかたち”を見て楽しんで欲しいな」

「海のかたち ぼくの見たプランクトン」
月刊たくさんのふしぎ2017年10月号(第391号)

海のかたち 表紙

文・写真:吉野雄輔
出版社:福音館書店
定価:667円+税
発行日:2017年10月1日発行(書店に並ぶのは、9月5日前後)

吉野雄輔

海の写真家・吉野雄輔インタビュー

カテゴリ:
おしらせ > 水中写真

ページトップへ