ocean+αヘッドラインHEADLINE

「第20回 安全潜水を考える会 研究集会」開催レポート 〜DAN JAPAN〜閲覧無制限

タグ:

写真-2018-10-27-14-44-47-e1540795018939

2018年10月27日(土)、東京海洋大学越中島キャンパス八十五周年記念会館にて「第20回 安全潜水を考える会 研究集会」を開催しました。

当日は天候が心配されましたが、秋晴れの素晴らしい1日となりました。
その中、一般ダイバーやインストラクター、指導団体、および業界関係者など、約130名以上の方々にご参加いただきました。

今回はDAN JAPAN会員以外の方も約1割含まれており、例年にない盛り上がりを感じました。
参加者の方々がとても熱心に聴講されていたのが大変印象的でした。

全体-e1540795137144

第20回 安全潜水を考える会 研究集会
開催レポート

大濱 譲先生:海上保安庁警備救難部

「海上保安庁における安全潜水について」
海上保安庁-e1540794776263

海上保安庁潜水士が業務や訓練で行っている、自身とバディ(仲間)のトラブルに対する備えについて、具体的な例を挙げながらお話しいただきました。

松本 秀夫先生:東海大学体育学部

「大学におけるダイビングと安全~学生が安全に潜るための枠組み~」
松本先生-e1540795445455

学生が安全にダイビングを行う枠組みについて、学生が在籍する大学の立場から考察いただきました。

小島 泰史先生:東京医科歯科大学附属病院

「ダイバーにとってメディカルチェックとは」
小島先生-e1540795457580

メディカルチェック=ダイバー健康診断という、潜水適性判断ともリンクする古くて新しい問題について、さまざまな観点から考察をしていただきました。

講演内容については、DAN JAPAN会報誌「Alert Diver Monthly」にて掲載予定となっておりますので、当日ご参加いただけなかった会員さまや、内容を再度確認したい方はぜひご確認ください。

イベント終了後は恒例の
お楽しみ抽選会と懇親会

会の終了後には、協力団体さまよりお預かりした協賛品の当たる「お楽しみ抽選会」が行われ、今年は参加者全員に協賛品がプレゼントされました。

P1010392-e1540795903609

また、会の終了後には意見交換会も行われ、講師の方と直接話のできる貴重な機会ということもあり、40名以上の方々にご参加いただき、大変賑わっていました。
事務局も参加し、会員のみなさまから貴重なご意見を聞くこともでき、短いながらも良い時間にすることができました。

ご参加いただいた方々からの貴重なご意見を参考に、来年の開催に向けて演題等を検討していきます。
ぜひ来年にご期待ください。

************

DAN JAPANでは、会員のみなさま向けに、潜水医学、および安全に関連する情報を詰め込んだ会報誌「Alert Diver Monthly」を月に1回提供しています。

ダウンロード版とインターネット版があり、携帯からでも閲覧可能でどこでもお手軽に読むことが可能。
潜水医学のほかにも、「花粉症でもダイビングできるのかな?」「コンタクトをしたままダイビングして大丈夫なの?」というようなダイビングにまつわる素朴な疑問まで解決できる内容になっています。

★詳しくはDAN JAPANホームページより

DAN JAPANの使命はダイビング事故の予防と安全性の向上。
緊急ホットライン、医療インフォメーションライン(医療相談)、潜水医学の研究、ダイバーへの教育、レジャーダイビング保険の分野で、活動しています。
世界で5つのDANからなるI DAN(インターナショナルDAN)のメンバー。
会員は、全世界の主要なダイビングスポットを網羅するDANのサポートが受けられます。
全世界で約38万人のDANの会員とともに、安全なダイビングを目指しています。
th_DANロゴ

ページトップへ