“海を守る” スキンケアブランド「Syrene」が日本初上陸

この記事は約4分で読めます。

“海を守る”取り組みに力を入れているニュージーランド発のスキンケアブランド「Syrene(サイリーン)」 が日本初上陸を果たした。ワカメから抽出した天然成分を使用し、容器には海や川で破棄されたごみ袋やプラスティックを再利用するなど、海や環境にやさしい商品づくりをしているSyreneが、「プラスチックごみ発生量ワースト2位」の日本に上陸した理由とは?

海外では即完売!“海を守る” クリーンビューティブランド「Syrene」

Syreneは、ニュージーランドで生まれた“海を守る”クリーンビューティブランド。世界初の培養技術によりワカメから抽出された原料“エフェメール(ワカメエキス)”やマヌカハニーなど、ニュージーランドの伝統的な植物から作られたSyreneの製品は、肌荒れや乾燥ダメージを防いでくれる。

現在Syreneは、ニュージーランドをはじめとした4ヶ国以上で展開しており、オーストラリアのビューティー・ショップMecca Cosmetica(メッカ コスメティカ)では、商品発売後に即完売するほどの大ヒットを記録したという。

「プラスチックごみ発生量ワースト2位」の日本に上陸した理由

「2050年の海は、魚よりもごみが多くなる」と言われるほど、今や深刻な問題となっている海洋汚染。環境先進国であるニュージーランドで生まれたSyreneは、1人あたりの容器包装プラスチックごみ発生量が世界第2位(※)の同じ島国である日本においても、この考えを広め、真剣に海洋環境の保護に注力していく必要があると考え、国内販売を開始するにいたった。
※参照 WWF JAPAN『海洋プラスチック問題について』

Syreneの環境を守る4つの取り組み

①ごみ袋から作られる容器

Syreneの容器を成形する原料の約50%以上は、海やビーチ、川に廃棄されたごみ袋などのプラスチックを回収し、再利用して作られている。これまでに約180,000枚以上のごみ袋を海から取り除くことに貢献している。

②サスティナブルな海の原料“エフェメール(ワカメエキス)”

Syreneの主要原料であるワカメからできた“エフェメール(ワカメエキス)”は、研究所で人工的に生成が可能であるため、生態系を壊すことなく安定して供給することができる。その功績が認められ、2016年にはサスティナブルな成分として、in-cosmeticsでGreen Ingredient Awardを受賞。

③クルエルティフリー

製品または使用成分における動物実験を一切行なっていない。製造過程においても優しい取り組みを心がけている。

④天然成分へのこだわり

Syreneの製品は、天然成分95%以上・天然香料100%で構成されている。

「アクア ハイドレーティングマスク」アイテム詳細


製品名:アクアハイドレーティングマスク(ジェルマスク)
容量:100mL
価格:11,550円(税込)
天然由来率:97%
天然香料:100%
不使用成分:パラベン/合成香料/SLS(ラウリル硫酸ナトリウム)/硫酸塩/鉱物油/パラフィン/リキッド酸化防止剤/紫外線吸収剤

花粉・大気汚染(チリ・ほこり)どの外部刺激によるダメージをケアし、肌の内側から輝きを放つようなツヤ肌へ導いてくれる。

年内には日本国内にてクレンジング・化粧水・乳液・アイクリーム・クリーム・シートマスクなどを、来年には、エイジングケアシリーズも展開予定だという。ワカメとマヌカハニーで作られたSyreneに是非挑戦してみては。

詳しい効果や使用方法、購入は下記公式オンラインストアからご確認を。
Syrene公式サイト : https://syrene.jp/
Syrene公式Instagram : https://www.instagram.com/syrene.jp/

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW