ヘッドラインHEADLINE

使うだけで出汁がでそう!? タコやウツボ、イカゲソのスプーンで家食をもっと楽しく閲覧無制限

カテゴリ:
TOPICS, FASHION
タグ:

先日オーシャナでも取り上げた、「ジョーズもビックリ!? サメに丸呑みにされちゃうブランケット」を販売しているヴィレッジヴァンガード(以下、ヴィレヴァン)のオンラインストアに、海の生きもの系グッズがまたまた登場!今回登場したのはタコやウツボ、イカゲソを模した陶器スプーン。これを使えば家食がもっと楽しくなりそう!

いい出汁がでそうな
「タコスプーン」

タコの足を模した「タコスプーン」。吸盤もきちんと作られていてリアル!

足の先が丸まっている様子も表現されている。料理に添えるだけでいい出汁がでそうな雰囲気がただよってます(笑)。柄の部分が太く、匙の底が平な形状なのでレンゲ風に使うこともできるかも。

お腹をすかせたウツボの顔!?
「ウツボスプーン」

柄の先に口をダランと開けたウツボの顔がユーモアたっぷりの「ウツボスプーン」。鬼気迫るような表情で、まるで「何か食わせろ~」と訴えているみたい。

ウツボの好物は小魚やエビ。シーフード料理に使ってあげたらウツボもにっこり!?

そのままおつまみにしたい
「イカゲソスプーン」

イカゲソを模した「イカゲソスプーン」。すくう部分にマヨネーズと七味を入れて、柄の部分をちぎって付けたら、そのままおつまみに…と想像してしまうほど、食欲をそそるデザインは見ているだけで幸せな気持ちに。

「今日のご飯は何にしようかな」と考えるのが楽しくなりそうなスプーンたち。家食カトラリーにくわえてみてはいかが?

■スプーン詳細
長さ約14cm、スプーンの幅約3cm

■制作者
制作を担当するのはユーモア溢れる世界観で陶器を作るクリエイター田川亞希さん。
武蔵野美術大学を卒業後、ロンドンのMaze Hill Potteryで活動し現在は東京で制作を行っている。

■ヴィレッジヴァンガードオンライン商品ページ
https://vvstore.jp/feature/detail/15780/?utm_source=press

ページトップへ