世界の絶景を360度動画で旅しよう!

コロナ禍で迎える年末年始には、室内で過ごす時間が楽しくなる「世界の絶景を撮影した360度動画」鑑賞なんていかがだろう。本記事では世界的人気を誇るロシアの空撮集団「AirPano」によって制作された360度動画の中から、ダイバーの皆さまへおすすめをいくつかご紹介。室内に居ながら世界の絶景をぜひ楽しんでほしい。

圧倒的な臨場感を味わえる360度動画

360度動画とは、その名の通り360度の角度から撮影したモノや景色を楽しめる動画のこと。私たち自身で見たい角度を自由に動かして対象物を見渡せるので、通常の動画と比べると臨場感を味わえ、まるでその場にいるような気持ちで楽しめる。

AirPanoの360度動画なら世界中の絶景を圧巻の解像度で楽しめる

「AirPano」は2006年にロシアを拠点に創設以来、世界中の絶景を空撮しており、撮影箇所は、北は北極から南は南極、果ては成層圏まで、地球の約400か所に至る。360度動画だけでも、現在366個もあるそう。さらにすべての映像は4kから12Kまでの圧巻の解像度で撮影されており、目の前で見ているかのような錯覚を起こすほどに美しい。そのうえ、360動画は無料で楽しめるというから嬉しい限り。

8Kで堪能するインドネシア、ラジャアンパットのクラゲ湾


360 video, Jellyfish Bay, Raja Ampat, Indonesia, 8K underwater video

クラゲが生息する塩湖として有名なのは、パラオ共和国のマカラカル島に存在するジェリーフィッシュレイクだが、こちらの360度動画はインドネシア、ラジャアンパットのクラゲ湾で撮影されたもの。AirPanoの撮影スタッフは「クラゲのお粥に浸かっているようだ」と表現しているほど、数えきれないほどのクラゲたちが目の前を泳ぐ姿は圧巻。

12Kで堪能するロシアのゴマフアザラシダイビング


360 video,Diving with spotted seals. Sea of Japan, Russia,8K underwater video

ロシアに面する日本海に生きるゴマフアザラシの映像。ゴマフアザラシがカメラの目の前を行ったり来たりするさまは、12Kの映像美と360度動画の技術も相まって臨場感たっぷり。まるで一緒にダイビングをしているかのような気分になれる。

8Kで堪能するミクロネシア連邦、チューク諸島の沈船


360 video,Ship Cemetery in Truk Lagoon,Micronesia,8K underwater video

こちらの360度動画はミクロネシア連邦、チューク諸島で撮影されたもの。かつてチューク諸島は太平洋戦争時、旧日本軍の重要拠点として数えきれないほどの船で賑わいをみせていたが、米国の大空襲により、わずか2日で壊滅。現在は世界でも有数の沈船ダイビングスポットとなっている。本動画では 、映画『タイタニック』の撮影クルーがCGの参考にしたといわれる沈船・富士川丸にはじまり、山霧丸、平安丸など複数の沈船を映像に収めており見どころ満載。

ご紹介したのはAirPanoのほんの一部。じっくりみれば、さらに衝撃的な360度動画が発見できるかも。自分のお気に入りを探してみてはいかが?

AirPanoのサイト:https://www.airpano.com/

コメントを残す

writer
PROFILE
アウトドアレジャー予約サイトの取材ライター出身。いままでに取材した日本全国のアウトドアカンパニーは130社ほど。ネットワークを活かした記事作りが得意!?かもしれない。一番好きなアクティビティはダイビング!とは言い切れないかもしれない。