【エコな釣り餌】魚も人も食べられる魚肉ルアー「#ぷるかまんシャッド」

老若男女問わず楽しめる趣味として人気の釣りだが、その釣り具は海環境にとってかなりの影響をもたらしている。
釣り糸が切れて海に放たれてしまった釣り針やルアーは、魚たちの誤飲死の原因となるのだ。

そんな釣り業界の課題を解決してくれそうなエコな釣り餌が、この度クラウドファンディングサイトMakuakeにて発売されるという。

人も魚も美味しく食べられる魚肉ルアー

三陸フィッシュペースト株式会社が販売する食べられるルアー「#ぷるかまんシャッド」とは、活きエサのように旨みや匂いで魚を集める効果と、弾力のあるボディでダイナミックなロッドアクションが可能な性能を併せ持っている。魚肉でできているにも関わらず、これまで使用していたルアーのように、エキサイティングな釣り体験ができるのだ。

さらに虫エサのような嫌な匂いはなく、針つけもとっても簡単。
最大の特徴は、『魚も人もおいしく食べられる釣りエサ』だということ。

※2021年1月28日よりMakuakeにて先行発売を開始し、約60日間のプロジェクト終了後は一般販売を随時開始予定。
https://www.makuake.com/project/pull-cmon-shad/

従来のルアーなどの疑似エサは、ロストした際に水中に放置されて湖や海を汚染したり、魚が誤飲して死んでしまうことなどが問題視されてきた。
この問題を解決する#ぷるかまんシャッドは、老舗かまぼこ屋が食品加工の視点から開発に着手し、魚はもちろん、人もおいしく食べられる全く新しいタイプの釣りエサなのだ。

新型コロナウイルスが世界に蔓延し、我々のかまぼこ業界のみならず、多くの食品産業は停滞を余儀なくされている。
そんな中、アウトドア産業がソーシャルディスタンスを確保できる趣味として急成長し、新たに釣りレジャーに興味を持つ人が増えつつあることに注目し、生まれたのが今回の魚肉ルアー。

こうした社会の変化と共に、「かまぼこ屋として食べてもらうお客様を人類に固執するだけではなく、魚類にまで拡大しても良い」という考えだ。
フィッシングシーンが多くの人々にとって身近で、ワクワクするものとなるよう、初心者でも気軽かつ手軽に使える魚も人も食べられる釣りエサとして魚肉ルアー「#ぷるかまんシャッド」を発売を開始したという。

「#ぷるかまんシャッド」、5つのポイントとは!

1. 製作は老舗カマボコ屋。臭わず、魚も人もおいしく食べられる。

老舗カマボコ屋が長い年月の中で培った魚肉などの加工技術を応用し、活きエサと疑似エサの長所を兼ね備えながら、腐らず・匂わず・長期常温保存が可能な今までにない釣りエサに。
人間もおいしく食べられる風味豊かな仕上げのため、活きエサ特有の嫌な匂いも当然ない。
魚にも人にも無害=人間が食べてもOKなおいしいルアーなのだ。

2. 最先端の食品加工技術で弾力のあるアクションを実現!

疑似エサの代表格であるルアーに並ぶ自由度の高い弾力あるアクションが可能で、魚の泳ぐ姿を再現。
耐久性も高いので、バス釣りなどの醍醐味であるダイナミックなロッドアクションを楽しめる。
伝統的なカマボコの練り物加工技術と、最先端の食品加工技術を活用することで、海釣りも可能な耐久性とぷるぷるした弾力性を付与することに成功。

3. うまみ成分のアミノ酸が魚を集める。

魚が大好きなうまみ成分であるアミノ酸を配合することで、ターゲットとなる魚の嗅覚や味覚を刺激。
主成分は魚由来のタンパク質であり、魚が野生環境で普段食べているエサと同じ成分であるため、活きエサに迫る抜群の食いつきが期待できる。

4. すごく簡単に針つけ出来る。


小さな子供も、一緒に釣りを楽しむお父さん&お母さんも安心できるよう、簡単に針がつけられるような仕組みに。
今までなかった釣りエサだからこそ簡単に誰でも扱える使いやすさを追求。

5. エコロジカル!環境にも魚にも優しく、ロストしても海を育む栄養となる。

近年、問題視されている水中に放置されたルアーが湖や海を汚染したり、魚が誤飲死することを解決。
ロストしてもエサとして魚がおいしく食べてくれますし、水中に放置されたままでも自然と分解されて後に残らない。
海や魚に優しく、共生できる持続可能な環境社会を守る、エコロジカルな釣りエサだ。

【商品概要】

商品カテゴリー/釣りエサ
商品名/#ぷるかまんシャッド
内容量/4g×10個
賞味期限(魚の場合)/無期限
賞味期限(人の場合)/90日
希望小売価格/600円+消費税
商品ページ詳細/https://www.makuake.com/project/pull-cmon-shad/
発売元:三陸フィッシュペースト株式会社
https://sfp-ok.com/

新型コロナウイルスの影響を受けた食品産業が、その経験を活かしエコロジカルな商品を生むという画期的な取り組み。
ソーシャルディスタンスが求める今だからこそ、エコで新たなアイテムとともにアウトドアへ繰り出してみてはいかがだろう。

コメントを残す

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。