ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iriomote Island / 西表島

西表ブランドのダイビングスポット、オガン潜入!

ダイバー憧れの海・オガンを潜りまくり、その魅力に迫る!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
iriomote_ogan_pdf

Iriomote Island / 西表島

西表ブランドのダイビングスポット、オガン潜入!

ダイバー憧れの海・オガンを潜りまくり、その魅力に迫る!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表
Design
PanariDesign
HTML WEB MAGAZINEを見る
iriomote_ogan_pdf

ダイナミックな地形、癒しの空間

オガンには、3の根以外にも、東の根、天馬崎、洞窟ポイント、光の宮殿などのポイントがある。
大物、群れ狙いにかけては、3の根だが、東の根の切り立った壁状の迫力ある地形、天馬崎の海中の雰囲気も興味を引かれる。

西表島オガン特集

洞窟ポイントの内部は、まるで中世ヨーロッパの城内のような荘厳さ。

もちろん、マグロの群れはこのどちらでも定番として見られる可能性は高い。
ツムブリや、ウメイロモドキ、ヒメテングハギとテングハギモドキなどの群れが突如群れてダイバーを取り囲み、しばらく渦のように旋回して泳ぎ去って行くこともある。

西表島オガン特集

東の根では、イソマグロの大群に遭遇した。

「天馬崎の地形が好き」というリピーターも多い。
フラットな海底に、点在する四角い岩が連なっていたり、洞窟があったり、砂地に碁石状に根が点在していたり、垂直に切り立った岩礁があったり、確かに、これほどバリエーションに富んだ表情を見せてくれるポイントも珍しい。

西表島オガン・天馬埼

天馬崎の終盤、砂地に巨大な丸石のよ うな根が点在している不思議な光景に出会う。

このポイントでも時に100以上のマグロの群れが見られる。
昨年には、日本では絶滅危惧種に指定されている、カンムリブダイの群れにも遭遇した。

西表島オガン特集

突然姿を見せたバラクーダの群れ。

まだまだある、+αオガンの魅力

洞窟ポイントは、横穴から抜け出たガレ場でマクロ探しなんて事も。
すぐ近くには、階段状の地形もあり、遺跡チック。

西表島オガン特集

光の宮殿は、天気の良い時に潜ると、洞窟や狭い切り通しの中に太陽の光の筋が差し込んで、荒々しく男っぽいオガンの印象とは違う、優しく、美しい表情を見せてくれる。

西表島オガン特集

光の宮殿では、劇場のスポットライトの中を泳いでいるよ うな美しい光に包まれた。

個人的には、今回初めて潜ったこの光の宮殿が気に入った。
天気が良いときに限定されるけど、この宮殿に差し込む光は本当に美しい。
できることなら、もう少し時間をかけて撮影をしたかった。

Special Thanks

ダイビングチームうなりざき西表
http://unarizaki.com/iriomote

オガンに行くなら、うなりざき!と言うほど、オガンでのダイビング回数が多い、うなりざき。 西表島最大の規模を誇る老舗ダイビングサービス。 若くして西表でのガイド経験が豊富なスタッフが揃っている。

ジェット推進機を搭載した62フィート、定員各約40名、温水シャワー、水洗トイレを完備した大型ボート3隻と、定員16名、42フィートの小型ボート1隻の計4隻を駆使して、多くのダイバーのレベルやニーズに合わせたダイビングを提供してくれる。 宿泊施設もイルマーレウナリザキ、ヴィラと充実していて、快適なダイビングライフを満喫することができる。

〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原10-172 Tel.0980-85-6146 Fax.0980-85-6844

ページトップへ