ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ガーフ環礁南下クルーズ

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
HTML WEB MAGAZINEを見る
ガーフ環礁南下クルーズ

ギャンブルダイビングで運試し!?

ムリカンドゥのヒメフエダイの群れ。ここまで群れることも寄れることも珍しい

ムリカンドゥのヒメフエダイの群れ。ここまで群れることも寄れることも珍しい

ガーフ環礁クルーズは2~3月に行われ、全4航海。取材班は、その幕開けの南下クルーズに乗船した。ガーフ環礁クルーズを1曲とするなら“ 第一楽章”といったところ。南下クルーズは、北マーレから赤道直下のガーフまで、南に向かって7つの環礁を通過する。

ポイントごとに母船を停泊させ、並走のドーニに乗り換え移動し潜る。このドーニ、クルー含め20人は乗っていたが、全員分の器材を積んでもスペースには余裕があり、さらにトップデッキがあるのは驚いた。

本船の王道コースは「北マーレ環礁・南マーレ環礁・アリ環礁」を巡るサファリのことを言い、マンタ・ジンベエなどの大物も狙えるが、移動範囲はガーフに比べると小さい。にもかかわらず、なぜわざわざこの時期にガーフ環礁クルーズを行うのかと言えば、東側の透明度が上がるので、イルカやカジキなどの予期せぬ大物遭遇率があがり、通常では味わえない海を満喫できるから。また、大幅に移動する分「風なし・波なし・雨なし」の3拍子が揃うこの時期にしか赤道まで航海できないのだ。

1航海目を終えると、赤道を通過し最南端のアッドゥ環礁まで、2航海目のクルーズがはじまる。復路を含め全4航海になるというわけだ。

Special Thanks

アイランドサファリロイヤル号
ダイバーが一度は潜りたい、憧れの海・モルディブ。 有名な環礁をまたぎながら広い範囲で潜り倒せるのがダイビングサファリの醍醐味だ。サファリボートに乗船して5泊以上すれば、ジンベエザメとの遭遇率は90%。 その他、マンタやハンマーヘッドシャークなどの大物にも出会えるだけでなく、穏やかな海況でマクロも堪能できるのが、モルディブのダイブサファリの懐の深さ。 また、サファリボートも年々グレードが上がっており、お部屋にエアコン、トイレシャワーは完備され、快適そのもの。一度、乗船すると何度もリピートしてしまうのが、モルディブダイブサファリなのだ。

ページトップへ