ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ガーフ環礁南下クルーズ

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
HTML WEB MAGAZINEを見る
ガーフ環礁南下クルーズ

なかなかヒレを全開にしない
マッコスカーズラスから100匹超のグレーリーフシャークまで

ビリギリカンドゥのグレーリーフシャークの群れは100匹ほど

ビリギリカンドゥのグレーリーフシャークの群れは100匹ほど

ギャンブルダイビングっぽかったのは、早朝にハンマーヘッドシャークを狙った時と、グレーリーフシャークを狙った時。グレーリーフシャークは特にすごかった。ハンマーを狙うギャンブルダイビングは神子元の海でも体験しているが、グレーリーフシャークに至っては想像がつかなかった。

ビリギリカンドゥをグレーリーフシャーク狙いでエントリーした時のこと。水面から水底にいるダイバーを見て、水面と水底では潮の流れが反対なことはまず分かった。流されまいと水深を下げながら進むと、潮がアゲンストになって来た。おまけに正面はモルディブ感溢れる明るく開けた海ではなく、なにやら真っ黒い暗黒地帯。

ちょっとした恐怖も覚えながら体力を振り絞ってその暗黒の世界に近づいていくと、その一帯には100匹を超すグレーリーフシャークが悠然と身を揺らし、奇観な景色が広がっていた。

圧巻、壮観とはまさにこのことだ。さっきまでのちょっとした恐怖は吹っ飛び、もっと近づきたいもっと近づきたいと、潮の流れに逆らってフィンキックを続けた。

エヴァンスアンティアスの群れ

エヴァンスアンティアスの群れ

グラデーションが美しいエヴァンスアンティアスのメス

グラデーションが美しいエヴァンスアンティアスのメス

サンゴが綺麗な隠れ根のあるマトゥギリのマッコスカーズラス

サンゴが綺麗な隠れ根のあるマトゥギリのマッコスカーズラス

同じくマトゥギリの砂地にいたトールフィンゴビー

同じくマトゥギリの砂地にいたトールフィンゴビー

ムレハタタテダイの群れ。このくらいの塊がそこかしこに点在していた

ムレハタタテダイの群れ。このくらいの塊がそこかしこに点在していた

Special Thanks

アイランドサファリロイヤル号
ダイバーが一度は潜りたい、憧れの海・モルディブ。 有名な環礁をまたぎながら広い範囲で潜り倒せるのがダイビングサファリの醍醐味だ。サファリボートに乗船して5泊以上すれば、ジンベエザメとの遭遇率は90%。 その他、マンタやハンマーヘッドシャークなどの大物にも出会えるだけでなく、穏やかな海況でマクロも堪能できるのが、モルディブのダイブサファリの懐の深さ。 また、サファリボートも年々グレードが上がっており、お部屋にエアコン、トイレシャワーは完備され、快適そのもの。一度、乗船すると何度もリピートしてしまうのが、モルディブダイブサファリなのだ。

ページトップへ