ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ガーフ環礁南下クルーズ

Maldives / モルディブ

モルディブ ガーフ環礁南下クルーズ アイランドサファリロイヤル乗船記

赤道直下の神秘 ジンベエザメと夢のNight Dancing!

Photo
Takaji Ochi
Text&Model
Kaoruko Inou
Special Thanks
ワールドツアープランナーズ
Design
tomato
HTML WEB MAGAZINEを見る
ガーフ環礁南下クルーズ

アフターダイビングはのんびりと水平線を眺めて

障害物が何もない大海原の夕日は格別

障害物が何もない大海原の夕日は格別

母船へは1本のダイビング終了ごとに戻る。帰船の度に食事やおやつが振舞われ、クルーズ中は、“ 食べては潜り”の幸せサイクル。体調や気分に合わせてダイビングをパスするという贅沢だってできる。ダイビングにはほとんど参加しないゲストもおり、聞けばなんでも、船尾でたばこを吸い読書をするのがこのクルーズの楽しみだと語る。

ダイビングの合間はポイント移動のため、母船が進む。トップデッキに寝転がり、モルディブの生暖かい風を感じながら水平線をぼんやり眺める……至福の時だ。

アフターダイビングに語り合うカップル。吊るしてあるバナナはいつでも食べてOK

アフターダイビングに語り合うカップル。吊るしてあるバナナはいつでも食べてOK

昼寝が終わったら船尾に吊るしてあるバナナを頬張りながら、そこに居合わせた人と海の話や人生の話。

マーレを出発した時にはまだ緑色だった吊るしバナナは、いつの間にか黄色に変わっている。初めは他人だった人も最後には仲間に変わっている。

綺麗な珊瑚ポイントでスノーケリングも楽しめる

綺麗な珊瑚ポイントでスノーケリングも楽しめる

アフターダイビングでは、そんな仲間と共に、ディンギーに乗って無人島に出かけたり、釣りをしたり、夕日を眺めたりして自由に過ごした。

サファリの醍醐味はダイビング三昧だけでなく、きっとこういう人とのふれあいや、仲間との喜びの共有にもあるんだろう。

停泊中の母船の周りにいたイルカをディンギーに乗って見に行く

停泊中の母船の周りにいたイルカをディンギーに乗って見に行く

モルディブのローカルフード“DHIVEHI KEUN”

最終日のディナーはモルディブ料理で異文化体験

最終日のディナーはモルディブ料理で異文化体験

DHIVEHI KEUN(ディベヒ・ケウン)とはモルディブ料理という意味。今船では最終日のディナーで振舞われた。キムチにも家庭の味があるように、これにも家庭の味のようなものがあり、作る人によって中に入れる具材が異なる。

今回はタロイモやかぼちゃ、サツマイモ、バナナなどの具材が並び、それをライス、ココナッツ、ライム、チリとガルディアと呼ばれる魚の汁を一皿に盛り、手で混ぜて食べる。

3度の食事はどれも美いしい

3度の食事はどれも美いしい

もしスプーンで混ぜてしまったらこの味は出ないとのこと。これが今まで出会ったローカルフードの中でもトップに躍り出る美味しさで、越智カメラマンと共に張り合うようにして食べてしまった。

6-07_29A6595

ぜひ、自分の好みを見つけてもらいたい。

Special Thanks

アイランドサファリロイヤル号
ダイバーが一度は潜りたい、憧れの海・モルディブ。 有名な環礁をまたぎながら広い範囲で潜り倒せるのがダイビングサファリの醍醐味だ。サファリボートに乗船して5泊以上すれば、ジンベエザメとの遭遇率は90%。 その他、マンタやハンマーヘッドシャークなどの大物にも出会えるだけでなく、穏やかな海況でマクロも堪能できるのが、モルディブのダイブサファリの懐の深さ。 また、サファリボートも年々グレードが上がっており、お部屋にエアコン、トイレシャワーは完備され、快適そのもの。一度、乗船すると何度もリピートしてしまうのが、モルディブダイブサファリなのだ。

ページトップへ