お正月におめでタイ?沼津港深海水族館で深海魚“エビスダイ”が展示

静岡県沼津市にある、沼津港深海水族館シーラカンスミュージアムにてエビスダイの展示が始まりました。

お正月やお祝い事によく登場するおめでたい魚としては、真鯛をすぐに思い浮かべる方が多いかと思いますが、周知の事実、真鯛は深海生物ではないですもんね。
深海生物の展示に特化した沼津港深海水族館では、タイはタイでも約100mの深海に生息する、エビスダイの展示をしています。
展示は2014年1月19日(日)までの予定。

ただこのエビスダイ、真鯛の仲間ではありません。(真鯛はスズキ目スズキ亜目タイ科、エビスダイはキンメダイ目イットウダイ科エビスダイ属エビスダイ)

別名に鎧鯛とつくほど体は硬い鱗で覆われていますが、その下に隠されている身はぷりっぷりで、刺身、お鍋、ムニエル、から揚げ、煮つけとレシピは豊富。
もともと南方の魚なので、関東ではあまり漁獲率がよくありませんが、関西方面や、南はオーストラリア付近でお目にかかれるとのこと。

名前の由来は定かではありませんが、七福神の恵比寿様をみると、鯛を抱えていますし、そこから頂いたのであれば二重にも三重にもめでたい魚であることは間違いないですね。

めでたいお正月、めでたい魚を見て(食べて?)のんびりお過ごしください。

詳細はこちら

沼津港深海水族館シーラカンスミュージアム

・入館料
大人(高校生以上)1,600円
こども(小・中学生)800円
幼児(4才以上)400円
※65歳以上の方 1,500円(証明書をご提示ください)
・営業時間
10:00~18:00 年中無休
※最終入館は閉館30分前までとなります。
・お問い合わせ
055-954-0606(平日10:00~18:00)

コメントを残す

writer
PROFILE
成蹊大学文学部国際文化学科卒業。
ナレーター、司会、ダイビング・モデルとして、TV、雑誌、モーターショー、トークショーなどで活躍。宝くじのキャンペーンガール「幸運の女神」では、46都道府県を旅する。

2013年からは、大物運・海況運をつかさどる「海の女神」へと転身し、舞台を海に変えてオーシャナの突撃体験レポートを担当。
潜水士資格も取得し、2014年は伊豆大島復興観光大使「ミス椿の女王」として、伊豆大島をはじめとした被災地復興支援活動にも尽力する。

「ダイビングがきっかけで、物の見方も感じ方も生き方も180度変わり、自分の周りまでもキラキラ輝き出したことを実感。 
いろんなことを体験しながら、たくさんの“きっかけ”を届けていきたいです」

【経歴】
・第25期 日本テレビイベントコンパニオン
・第11~12期 スバルスターズ
・第33期 宝くじ「幸運の女神」
・第23代 ミス椿の女王(2014.2~)
・第29代「ミス熱海・桜娘」(2016.1~)