ヘッドラインHEADLINE

幸せになれ、この野郎! @田子閲覧無制限

カテゴリ:
日本全国潜り歩き
タグ:


日本全国潜り歩き
・伊豆行脚編@田子

ピカ! ゴロゴロゴロ、ヅガーン!

明け方、雷の音で目を覚ます。
窓を叩きつけるような豪雨。そして、時おり稲妻が走る。
う〜ん、さすがに今日は潜れんな。
よーし、こうなりゃチェックアウトまで寝よ寝よ。

と二度寝をきめこむと、まこ社長に叩き起こされ、「和尚、潜るよ」。
聞けば、ギリギリ午前中なら潜れるという。

さすが嵐でも潜れると言われる田子。

湾状になっている田子は、その外と内とで外海と内海に分かれ、
風向き次第で内海なら台風でも潜れるという。

1本目は「弁天島」。

点在する根にはところどころソフトコーラルが付き、人気者もたくさん。


イロカエルアンコウ

 
ソフトコーラルと砂地が印象的

このスポットには鳴らすと幸せになる鐘が沈んでおり、今はクリスマスバージョン。
 

「うお〜〜〜〜、幸せになれこのヤローーー!」、
「私も幸せになりたーーーーーーーい!」

そりゃ、幸せになりたい、お年頃のわしとさゆり殿は
ゴンゴンゴンゴン慣らしまくっといた。

2本目はさっくりと名物「白崎」のエダサンゴを見て
午前中でダイビング終了。


これぞ”緑”。南国のものとは違って趣のあるサンゴ

ということで、田子の海、潜ったど!

青の地に ビビッドカラー 緑橙

ナンヨウキサンゴや根に付く橙色のソフトコーラルと乱舞するキンギョハナダイ。
そして、「白崎」のエダサンゴ。

他の伊豆とは雰囲気の異なる、
橙色や緑のどギツイ色彩が印象的じゃった。

そして、恒例のペタッとな〜で田子とお別れ。

さあ、次はどこ潜ろ。

★地元出身、吉田ファミリーが田子の海をトータルサポート!
《田子ダイビングセンター》

http://tagodc.com/
★板前・吉田ジュニアの料理と夕日が自慢の「よし田」

http://www.oyado-yoshida.com/index2.html

ダイビング器材

ページトップへ