ヘッドラインHEADLINE

キャベツでウニを育てる!? 磯焼け問題で厄介者扱いだったウニが絶品グルメに変身閲覧無制限

カテゴリ:
BLUE ECHONOMY, ENVIRONMENT

神奈川県では、磯焼け問題で駆除されたムラサキウニに、流通規格外で廃棄されるキャベツを与えて養殖し、“キャベツウニ”として食品へ再利用しているという。ユニークなキャベツウニについて知れば、新しいビジネスや生活のヒントになるかもしれない。

キャベツウニ誕生の経緯

神奈川県沿岸では、15年ほど前からムラサキウニやガンガゼなどを原因とし、海藻が減少する“磯焼け”(※)が発生。そのため、海藻を餌にするサザエやアワビなどの生物が減少し、漁業への影響が問題となっていた。

そこで立ち上がったのが、神奈川県水産技術センターの研究員・臼井一茂さん。原因生物の駆除、廃棄に掛かるコスト削減をはかるため、再利用の道を模索する中、ウニの雑食性に注目。駆除されたムラサキウニを試験的に水槽で飼育してみることに。三崎名産のマグロの切れ端から、ご自身のお昼ご飯の残り物までいろいろ食べさせたところ、三浦半島名産のキャベツを好んで食すことを発見した。

三浦半島名産キャベツは出荷基準が厳しく1割は廃棄されてしまう中、今では廃棄されるキャベツをウニの餌として再利用している。

十分な海藻を食べられず、やせ細っていたウニたちだったが、キャベツを食べて3か月も経つと、食用として販売するための基準値を超えた身入りに。甘味成分に関しても天然のウニよりも多いことが判明した。三浦半島名産のキャベツは、葉はふんわりとやわらかく、甘くてみずみずしいのが特徴。ウニたちの大好物になるのもうなずける。

かくして駆除される運命にあったウニたちは、三浦半島名産の廃棄キャベツを食べて、絶品ウニへと生まれ変わり、まさにWin-Winの関係を構築したのである。

キャベツウニは、地元の生鮮食品店で購入できるほか、地元のレストランでいただくこともできるという。

(※)磯焼けとは、浅海の海藻が著しく減少・消失してしまう現象。原因は、地球温暖化による海水温の上昇やそれに伴う生態系の変化、ウニなど藻食生物による食害、汚染など様々な説がある。

神奈川県はキャベツウニを商標登録、ブランド化へ

県水産技術センターによると、商標は昨年7月14日に出願され、10月21日に登録されたという。漁業者や水産関係団体であれば、県内外を問わず、県から許諾を受ければ無償で使用可能。キャベツでの養殖だけでなく、全国では白菜、ミカン、トマト、アスパラガス、ブロッコリーなどさまざまな野菜を使ったウニの養殖の研究が進んでおり、これらも漁業者ら生産者から要望があれば、「キャベツウニ」として商標の使用を許諾する方向だという。

今回の商標登録をきっかけに、キャベツだけではなく、他地域の廃棄野菜も活用することで、地域のブランディングに繋がることも期待されている。使用の申請は今年4月から受け付ける予定とのこと。あらたな掛け算が生まれることを期待したい。

ページトップへ