まだ間に合う!「ふるさと納税」年末駆け込みでダイビングの御礼品をゲット

まだ間に合う!「ふるさと納税」年末駆け込みでダイビングの御礼品をゲット

普段支払っている住民税や所得税を振り分けるだけで、寄付した自治体から御礼品がもらえる「ふるさと納税」。

自治体の中には、御礼品にファンダイビングや体験ダイビング、ライセンス取得を用意しているところもあるので、ダイバーだけでなく、これからダイビングを始めたい方なら気になるところ!

もし今年分の控除を受けるなら、12月までに自治体への入金は必須。スケジュールさえうまく組めば今からでも間に合うはず。

ということで、年収別の気になるダイビングの御礼品と共に、年末駆け込みの注意点についても調べてみたのでご参考あれ。

ふるさと納税とは?控除上限額を把握して賢く寄付しよう

ふるさと納税とは?控除上限額を把握して賢く寄付しよう

その前に、「ふるさと納税って一体?」という方のために、まずはふるさと納税の概要を調べてみた。以下、オーシャナサイト内の記事「ダイビングのお礼の品が増えてきているって本当!?現在のふるさと納税に注目」から引用。

ふるさと納税とは、個人が希望する日本国内の自治体に、住民税や所得税として納税できる公的制度のこと。納税という名称だが、制度上の実態はいわゆる「寄付」であり、その寄付金額を現在居住する自治体へ申告することで、寄付分の住民税や所得税が控除される仕組み。具体的には自己負担額2,000円を除いた金額が、所得税や住民税から差し引かれる。自己負担額は、寄付の金額に関わらず2000円と決まっているので、「寄付をした金額ー2,000円」が控除対象。

つまり2000円の自腹を切るだけで、寄付金額に応じた御礼品をゲットできるというわけだ。

ただし、寄付をした金額の上限は、納めている税金の金額によって異なってくるので注意が必要。上限を超えての寄付は、自己負担額が増えることになってしまうので、事前に寄付の上限を調べるとよいだろう。

損をしないためには、寄付の前に自身の控除上限額を知る必要あり。控除上限額は、今年の所得金額から計算されるため、ドンピシャの金額を調べるのは難しい。目安として、直近の源泉徴収票か確定申告の控えを確認するのも手だが、簡単に調べたいのなら、ふるさと納税サイトの‟控除額シミュレーション機能”がおすすめ。

こちらもあくまで目安だが、年収や家族構成といった情報を入力すれば、自身の限度額をシミュレーションできる。

ちなみに、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を使用してみた結果がこちら。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の‟控除額シミュレーション機能”を使用してみた結果

家族構成は「単身」を選択し、年収は「200万」を選択した。結果は…………?

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の‟控除額シミュレーション機能”を使用してみた結果

控除上限額は「約15,000円」という結果に。あとは結果の金額に応じて御礼品を探せばOK。

年収別!ダイビングの御礼品

年収に応じたダイビングの御礼品について少し調べてみたのでご紹介。
※家族構成は「単身もしくは夫婦(配偶者控除がない)」を選択

年収200万円(控除上限額:約15,000円)

まずは年収200万円から!

多良間・宮古島ご利用チケット(1,000円×3枚)
多良間村・宮古島市加盟店舗で利用できるクーポン(ご利用保条券)

[シーフレンド]宿泊補助券A(3,000円分)
沖縄県渡嘉敷島のダイビングショップ「Scuba Diving & Sty 「シーフレンド」で利用できる補助券

オーシャンゲート ご利用補助券A
沖縄県宜野湾市のダイビングショップ「オーシャンゲート」で利用できる補助券

小田原の海で遊ぼう!スノーケリング体験♪
神奈川県小田原市のダイビングショップ「石橋ダイビングセンター」でシュノーケリングができる。

など。チケットや補助券はあるものの、ダイビングの御礼品まではない模様。シュノーケリングの御礼品は1つ見つけられた。

年収300万円(控除上限額:約28,000円)

お次は年収300万円!

197~キラキラ輝く徳之島の海を満喫~徳之島スクーバダイビング体験コース
鹿児島県徳之島のダイビングショップ「アルファアイランド」で体験ダイビングができる。

体験ダイビング(1ダイブ)
鹿児島県奄美大島のダイビングショップ「サンクチュアリ・アマミ」で体験ダイビングができる。

ビーチ体験ダイビングコース(1ダイブ)チケット
沖縄県北谷町のダイビングショップ「クオリアダイブ」でビーチ体験ダイビングができる。

など。年収300万円からは、体験ダイビングが楽しめる御礼品がでてきた。ほか、シュノーケリングが楽しめる御礼品も複数あった。

年収400万円(控除上限額:約28,000円)

年収400万円はどんな御礼品なのか?

絶景ビーチで楽しむ2ビーチガイド付きダイビング(黄金崎公園)
静岡県西伊豆のダイビングショップ「黄金崎ダイビングセンター」でビーチファンダイビングが2回できる。

透明度抜群! 奄美大島でボートダイビング(1ボート)
鹿児島県奄美大島のダイビングショップ「ゼログラヴィティ」でボートファンダイビングができる。

【AJ-12】絶景海中公園!ファンダイビング2ボート券(Cカード所有者用)
高知県土佐清水市のダイビングショップ「竜串ダイビングセンター」でボートファンダイビングが2回できる。

など。年収400万円からは、ファンダイビングが楽しめる御礼品がでてきた。ほか、スキンダイビングが楽しめる御礼品もあった。

年収500万円以降(控除上限額:約61,000円~)

どんどんいくぞ!年収500万円以降はどうだ!

年収500万円を超えた段階で、一気に参加する自治体が増加!体験ダイビング、ファンダイビング共に、利用できる都道府県のバリエーションも豊富に。

年収700万円以降(控除上限額:約109,000円~)

それでは年収700万円以降いってみよう!

年収700万円から、ダイビングライセンス取得の御礼品が出現!ファンダイビングを楽しめる回数も3回に増えている御礼品が増加していた。

年収1億円(控除上限額:約4,316,000円)

夢の年収1億円!?の御礼品のラインナップは……。

年収が増えれば御礼品も豪華なものになることが分かってきたので、サイト内で検索できる一番高い年収である1億円(控除上限額:約4,316,000円)の御礼品について調べてみた。

しかし一番高額なダイビング系の御礼品は、年収約2500万円以上(控除上限額:約750,000円)「小田原ダイビングスクール 共通クーポン券 225,000円分」であった。

よって年収2500万円以上の方はダイビング系の御礼品は選び放題という結果に。

続いて控除上限額が高い順に、

MP-3 ダイビングなどに使える チャーターボート利用券
沖縄県石垣島のダイビングショップ「マリンポイント」でボートをチャーター(貸切)できる

選べるダイビング器材&ダイブコンピューターセット
ダイビング器材メーカーGULL、TUSA、アクアラングから以下①~⑦を選択
①マスク
②シュノーケル
③フィン
④グローブ
⑤ブーツ
⑥メッシュバック
⑦ダイブコンピューター
(自治体は沖縄県宜野湾市)

など。ふるさと納税を利用するだけで、ダイビング器材が手に入ってしまうとは驚き。

年末駆け込みの注意点

自身の控除上限額がわかったら、後は寄付するだけ。しかし注意しないと得どころか、かえって損をすることに。そこで最低限確認しておきたい注意点をまとめてみた。

控除上限額ギリギリでの寄付はできれば避ける!
L上述通り、控除上限額を超えて寄付をした分は控除対象とはみなされず、ただ自腹をきっただけになってしまう。よって直近の源泉徴収票をみるか、ふるさと納税サイトの‟控除額シミュレーション機能”などを使って割り出すのがおすすめ。ただし、医療費など確定申告で控除を受ける項目がある方は要注意!損をしないために、上限額からすこし余裕をみて寄付をするのがいいかもしれない。

申し込みだけじゃダメ!自治体への入金を年内までに行う必要あり!
L寄付をするには、ふるさと納税サイトなどから自治体へ申し込む必要があるが、申し込むだけではダメ!入金が年内までに確認できなければ、来年の控除分に回されてしまう。クレジットカードやオンライン決済機能を利用するなどして、確実に年内入金を済ませよう。

確定申告をはぶける「ワンストップ特例制度」を年明け1月10日までに提出せよ!
L確定申告の必要がない給与所得者は「ワンストップ特例制度」を利用すれば面倒な確定申告を行う必要がないという。制度の申請書は、自治体ホームページからダウンロード可能なので積極的に利用したい(※寄付先が5か所以内の人に限る)

参考:https://diamond.jp/articles/-/224471?page=3

寄付して、好きなダイビングも楽しめるお得感たっぷりのふるさと納税制度。なんとしてでも今年の控除分に入れ込みたい!そんな方は、自治体への入金も自身の上限額も余裕をもたせることをおすすめする。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。