西伊豆の井田ダイビングセンターが20周年! 1/24~30に東京で記念写真展を開催

2002年にオープンした西伊豆の「井田ダイビングセンター」が、2022年2月に20周年を迎える。それを記念して、水中写真家の古見きゅう氏監修のもと、東京都内で写真展を開催することが決定した。

井田の海を形として残す写真展

ダイバーの聖地とも呼ばれる西伊豆の大瀬崎から車で南へさらに15分ほどの、四方を山と海に囲まれ、のんびりとした雰囲気が漂う井田。その海は、潮の流れが当たりやすいこともあり、透明度が高く真っ青な様子から「井田ブルー」と呼ばれるほど。通年で魚の種類や量も豊富なため、さまざまな生物を楽しむことができる。また、初夏の浅場には「海藻迷路」とも呼ばれるほどの非常に豊かな海藻が生い茂るだけでなく、さらにディープダイビングに適した深場もあるので、生物探索の幅も広がる。

そんな豊かな海がある井田の海の魅力を多くのダイバーに届けてきたダイビングサービス「井田ダイビングセンター」が2022年2月に20周年を迎えることを記念し、2022年1月24日(月)~30日(日)の7日間、東京都渋谷区で写真展『20周年記念「井田写真展」〜未来に繋ぐ〜』を開催することが決定した。さらに「これまでの井田の海、陸を形にしたい。未来に繋ぎたい」という熱い想いから、写真展に合わせて20年間の想いを込めた写真集を作成。当日はこちらも販売する。

写真展開催に際して、井田ダイビングセンター代表・片野猛氏からコメントをいただいた。

「井田ダイビングセンター20周年を記念し、自分含め昔から多く通って下さっているカメラ派ダイバーの皆さんと一緒に、SNSなどのネット場だけのUPで終わらずに何か形にしたいと言う気持ちも込め写真展、写真集の販売をさせていただく運びとなりました。20年は短い様な長い様な気もしますが、大きな節目である事は間違いありません。この様な時代ですが、少しでも多くの方に井田の魅力を身近に感じていただけたら幸いです。感染対策は出来る限り行い皆様のご来場をお待ちしております。
井田ダイビングセンター  てつ!!」

ocean+αで井田を取材したのは、ちょうど「海藻迷路」が広がる初夏。そこには、まるでおとぎ話の世界にでも入り込んでしまったかのような感覚に陥るほど、幻想的な景色が広がっていた。写真展を通じて、見どころ盛りだくさんな井田の海を覗いてみてはいかがだろうか。

20周年記念「井田写真展」〜未来に繋ぐ〜

場所:【ギャラリーAL
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
代官山駅から徒歩5〜6分
日程:2022年1月24日(月)〜30日(日)
時間:10時〜20時 (30日のみ 10時〜16時)
※写真集も同時に発売。詳細はスタッフまで。
井田ダイビングセンターウェブサイト

作品参加メンバー(敬称略):
出竈佑亮/出竈しおみ/古谷和俊/谷口圭子/中島亜希子/中島祥/野木淳一/勝田秀浩/山田育美/須永泰子//樋口満弘/伴富士子/水田カヨ子/水田泰治/松本敬子/松本和久/一北香里/栗原国男/加川正浩/片野猛/古見きゅう

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
2018年、電子部品メーカーに新卒で入社。同時にダイビングも始める。平日は広報室で社会人としての経験を積みながら、土日は海通い。次第に海やダイビングに対しての想いが強くなりすぎたため、2021年にオーシャナに転職。
現在はライターとしてネタ探しに目を光らせているが、海やダイビングについての記事を書けることに幸せを感じている。ダイビングをもっと広める!子どもたちの未来にも綺麗な海を届ける!そんな想いで日々活動している。
FOLLOW