規制や隔離なし!? 今もっとも渡航しやすい海外・モルディブのダイブツアーがアツイ!

この記事は約8分で読めます。

海外に潜りに行きたくてうずうずしているダイバーのみなさんに朗報! 今、日本国内からもっとも遊びに行きやすい海外と言われるモルディブへのパッケージツアーを、旅行会社のSTW(エス・ティー・ワールド)が販売中。

中でも注目すべきはダイブクルーズ。通常8日間必要なところ、「夏のモルディブ祭り」キャンペーンでは6日間で行けてしまうそう!

気になる海の情報やツアー内容、モルディブの状況をご紹介していきます!

夏のモルディブはここがアツイ!

年間通して大物遭遇率の高いモルディブだが、ツアーが催行される8月は特にマンタのシーズン。1ダイブで何枚も出会えるかも。

写真提供:Maldivian Stars

写真提供:Maldivian Stars

さらに8月は魚影の濃さもピカイチ。インド洋の華やかで賑やかな海を堪能できる。

写真提供:Maldivian Stars

写真提供:Maldivian Stars

そんなモルディブを楽しむツアーはクルーズとリゾート宿泊の二種類が用意されている。それぞれの見どころを見ていこう。

モルディブダイブクルーズのここがアツイ

ダイブクルーズはクルーズ船に寝泊まりしながら、ダイビングをするスタイル。その日の海況を見てコンディションの良いポイントに連れて行ってもらえたり、船上でくつろいでいる間に次のポイントへ移動できるので、ダイビングを目一杯楽しみたい人には一度は味わって欲しいスタイルだ。

通常8日間からしかいけない超人気ダイブクルーズに6日間で行ける

今回STWが提供するダイブクルーズツアーは、人気の日本人女性ガイド・カオリータが率いるMaldivian Stars「プリンセスハシーナ号」でのダイブクルーズ。

クルーズ船の定員は20名で、日本人を含む約5名のガイドが常駐。通常8日間からしかツアーは行っていなかったが、今回特別に6日間のプランをSTWが用意。今まで長い休みを取れずに断念してきた方、今がチャンス!

海の状況に合わせたルート

6日間の行程のうち、中3日間がダイビング。クルーズではその日の海況や生物情報によって行く場所が変わるので、何に出会えるかわからないワクワク感も楽しみのひとつ。

参考例(海況や海の出物状況によりポイントや航路は変更の可能性あり)

<1日目>
1本目:チェックダイブを兼ねて、白い砂地とヨスジフエダイやハナダイが群れる癒し系ポイントへ
2本目:ゲストの皆さまの状況を見ながら生き生きとしたサンゴが広がるポイントへ
3本目:ナースシャークがたくさんいるポイントへ。ナースシャークののんびりした砂地でのゴロゴロシーンや、みんなでお昼寝シーン、またはナースシャークリバーを堪能

夜は母船の後ろでナースシャークが。海況によってはナイトジンベエを狙えるかも。

<2日目>
1本目:グレイリーフシャークやギンガメアジ、ナポレオンなどを狙えるワイドポイントへ
2本目:華やかなソフトコーラルの群生に圧倒的な魚影やサメの群れ、マダラトビエイの群れを狙う
3本目:モルディブならではのパウダーブルーサージョンフィッシュの群れにマンタのクリーニングを狙う

<3日目>
1本目:超最新の人気ポイントでエイの群れ、タイガーシャークやギターシャーク、スピナーシャークやブルシャークを狙う。運がよければハンマーヘッドシャークも!
2本目:雨期のメインのマンタポイントで締めくくり

ご新規様割引あり

初めてMaldivian Starsを利用する方には3,000円引きの特典が。行きやすい日程にご新規様割引と、まさにずっと行ってみたかったけど行けていなかったという方にうってつけ。

人気ガイド・カオリータからメッセージ

モルディブダイブクルーズを案内するのは、絶大な人気を誇るガイド・前井馨氏。“カオリータ”の愛称で親しまれ、ガイド力とホスピタリティの高さから、リピーターになるダイバーも多い。そんなカオリータから、今回特別にメッセージをいただいた。

カオリータからメッセージ

モルディブの通常クルーズは最低8日間の旅程となっているため、今回の6日間コースはお休みがなかなか取りにくい皆さまにおすすめです。モルディブの海は世界に誇れる大物遭遇率、また明るく華やかで、インド洋ならではの魚影の濃さを備えています(特に8月は魚影が濃い時期です!)そして暖かい(笑)。

こんな贅沢な海はありません!ぜひ、この機会にモルディブクルーズを堪能してください!

クルーズは楽で(歩かなくてよい)休憩時間もたっぷりで(着替えてのんびり休んでいる間に母船が移動してくれます)、いいとこ取りのポイントへ行けます!(機動力が最強)

スタッフ一同、心から皆さまのダイビングトリップをサポートさせていただきます!

写真中央がカオリータ

写真中央がカオリータ


ダイブクルーズの詳細はこちら
▶︎【8/13、18、25発限定・お試しショートクルーズ!】憧れのモルディブダイブクルーズに6日間で行ける!プリンセスハシーナ乗船8ダイブ+全食事付6日間<スリランカ航空>:298,800円~328,800円

モルディブローカルアイランドダイビングのここがアツイ

「夏のモルディブ祭り」では、クルーズだけでなく島のリゾートでのダイビングツアーも用意。

ローカル島でのんびりダイビング

モルディブは1000以上の島からなる国で、人が住むのは200ほど。そのうち約半数以上がリゾートアイランドだ。ダイビングのパッケージツアーが用意されている「カーニ ビーチ ホテル」はビーチ沿いに位置し、ゆったりするには最高のロケーション。また、カーニビーチホテルが位置するマーフシ島は観光客だけでなく、地元の方もたくさん生活している島なので、ローカルの雰囲気を味わいながら過ごすことができる。

レンタル器材無料

カーニビーチホテルのダイビングツアーではレンタル器材が無料。荷物を少なくして旅できるのも嬉しい特典だ。

ダイビングなしツアーでも現地申し込みで全リゾートでダイビング可

STWが用意するモルディブリゾートツアーはダイビングツアーに限らない。水上ヴィラや水中レストランを兼ね備えたリゾートなど、ラグジュアリーなリゾート宿泊プランも用意。パッケージにはダイビングは含まれていないものの、現地で申し込み、現地払いであればダイビングも可能。贅沢なリゾートに泊まってゆったりダイビングというのも良いかもしれない。

ローカルアイランドダイブツアーの詳細はこちら
▶︎【夏のモルディブ祭り!】特別価格でご用意!ローカルアイランドでお得にダイビングを満喫 6ダイブ付6日間<スリランカ航空>:258,800円~278,800円

モルディブへの出入国状況

海外への入国や出国に際し、国によっては陰性証明証などが必要となるケースも。そんな中、モルディブはどんな状況なのだろうか。

モルディブへの入国条件

●ワクチン接種の有無に関係なく、出発前の陰性証明書不要
●オンライン税関 健康自己申告フォームへの記入(出発前72時間以内)
モルディブからの出国条件

●ワクチン接種の有無に関係なく、出発前の陰性証明書不要
●オンライン税関 健康自己申告フォームへの記入(帰国便の搭乗前72時間以内)

※日本への入国の際は下記の対応が必要
① ワクチン3回目接種者 → 待機なし 入国時の検査も不要
② ワクチン3回目未接種者 → 原則7日間の自宅等待機
(ただし3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性、かつ陰性結果を入国者健康確認センターに届け出れば待機終了)
※2022年6月25日時点の情報

比較的渡航しやすいモルディブ。仮に直前にコロナに罹患したとしても、STWでは保険も用意しているため、キャンセル料を全額支払わなければいけないということにはならないので安心だ。

20年以上にわたり日本国内からモルディブへの送客実績No.1(スリランカ航空調べ)を誇るSTW。モルディブ支店には日本人もしくは日本語の話せるスタッフもおり、空港やリゾートへの送迎、日本語での緊急電話対応などサポートもバッチリだ。今年の夏はモルディブで目一杯リゾート、ダイビングを満喫しよう!

STW 夏のモルディブ祭り

STWが用意する成田発出発日限定6日間のモルディブツアー。
目的やダイビングスタイルに合わせてツアーをチョイスしよう!

●6日間のモルディブダイブクルーズ

出発日:8/13、18、25
プリンセスハシーナ乗船、8ダイブ、全食事付
▶︎ 【8/13、18、25発限定・お試しショートクルーズ!】憧れのモルディブダイブクルーズに6日間で行ける!プリンセスハシーナ乗船8ダイブ+全食事付6日間<スリランカ航空>:298,800円~328,800円

●6日間のモルディブローカルリゾート&ダイビングパッケージツアー

出発日:8/6、11、13、18、20、25
カーニビーチホテル泊、6ダイブ付き
▶︎ 【夏のモルディブ祭り!】特別価格でご用意!ローカルアイランドでお得にダイビングを満喫 6ダイブ付6日間<スリランカ航空>:258,800円~278,800円

●リゾート別おすすめツアー

出発日:8/6、11、13、18、20、25
※ダイビングは現地申し込み、現地払いにて対応
▶︎STW夏のモルディブ祭り特集ページ

■Sponsored by エス・ティー・ワールド

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW