阿部秀樹の絶対上手くなるカメラセミナー@石垣島オーシャンスタジオ開催レポート

石垣島の市街地から離れ、のんびりとした雰囲気を味わえる川平集落。絶景の川平湾周辺はマンタも現れる、有数のダイビングスポットでもある。そんな自然豊かでのどかな場所にあるダイビングショップ・オーシャンスタジオで10月16〜19日、水中写真家・阿部秀樹氏を講師に迎えてフォトセミナーが行われた。

石垣島ダイビングオーシャンスタジオ

少人数制で1日からでも参加OKというこのセミナーには、自分のカメラを初めて持った方、ダイバーを被写体にしたいという方、各地の生き物の魅力をどう引き出すか知りたい方など、さまざまな目的をもったダイバーが集まった。

阿部秀樹セミナー

確実なステップアップを目指した本セミナー、一体どんな内容だったのか、オーシャナ編集部・スイカが潜入してレポート!

Day1. 座学で基礎を。各ダイバーのお悩みに合わせた内容も

1日目は午後から集合して、まずは座学をがっつり。撮影やカメラの基本の知識や構図などを丁寧に教えてくれる阿部氏。参加者が普段使用しているカメラ機材の仕様も熟知されていて、それに合わせたレクチャーをする。作例もその機材で撮影したものがあれば、見せてくれる。

阿部セミナー

事前にとったアンケートを元に、一人ひとりの課題に具体的なアドバイスをしっかりしてくれたので、質問もどんどん出てくる。阿部氏の経験や水中撮影のノウハウの引き出しがとにかく多く、おもしろく語られるので、ずっと聞き入ってしまう。途中休憩を挟みながら、気がつけば夜の9時となっていた。

Day2-1. プールでそれぞれの課題に向き合う

2日目はあいにくの雨と風。オーシャンスタジオ・オーナーの井口仁氏が、写真のステップアップを目的とするには、海では集中して撮影できないと判断し、急遽プールへ場所を移すことに。オーシャンスタジオの敷地内には深さ3mのプールがあり、そこで講習が行えるのだ。

プール内に設置したフィギュアを被写体に、ピント合わせ、中性浮力の取り方、浮遊生物との距離感のつかみ方など、それぞれの課題に取り組む参加者たち。

阿部セミナープール

参加者一同、波やうねりのないプールの中で、落ち着いてじっくりと課題に向き合うことができたという。

Day2-2. 阿部氏秘伝の「写真の目利き」を伝授

午後の座学のメインテーマは写真の目利き。阿部氏は写真の目利きについて「私はコンテストの審査員をする時、項目を決めて点数をつけていくんです。それで合計点数が高かった方へ賞を与える。そうすることで評価軸がブレないですし、評価される側の納得感もあります。自分の写真を選ぶ時も同じです。ぱっと見のインパクトはもちろん大事ですが、迷った時はピントや構図、色飛びやつぶれがないかなど細かくポイントをつけていくと、答えが出ると思います。」という。

阿部秀樹セミナー

自分の写真で何を伝えたいのかによっても、評価軸を変えて選ぶのだという。なるほど、たくさん同じような写真を撮ったとしても、そうやって選べば客観的にも伝わる写真が選べるのか。

セミナーでは実際に阿部氏が写真の目利きをする過程を、いくつかのケーススタディとして見せてくれた。

Day3. 海で実践!一人ひとりの作品へアドバイス

3日目は海に出て実践タイム。マクロもワイドも楽しめるサンゴ礁が美しいポイントと、クマノミなどが見られるポイントへ。前日より海況は回復したものの、曇り空でうねりも少し入っていたため、マクロに集中して撮影をする方が多かったように思う。

午前中の2本のダイビング後は撮影したそれぞれの写真を見ながら、阿部氏がアドバイスをしていく。

阿部秀樹セミナー 阿部秀樹セミナー

一人ひとりの質問にもきめ細やかに答えていく。初日から続けて参加されている方が、どんどん積極的に質問していく姿が印象的だった。

Day4. 海で実践2日目!最終日は現像した作品を発表

最終日は天気と海況に恵まれ、1本目は前日の1本目と同じポイント、2本目はオーシャンスタジオオリジナルポイントへ。

船の上でセッティングのアドバイスも

船の上でセッティングのアドバイスも

オリジナルポイントは連なるサンゴの根とハナダイの群れが美しい Photo by Jin Iguchi

オリジナルポイントは連なるサンゴの根とハナダイの群れが美しい Photo by Jin Iguchi

ガイドのヒトミさんも生き物を紹介するだけでなく、撮影しやすいようにサポートをする。
この日の午後も撮影した写真の発表、講評を実施。それぞれが撮影した写真のうち5枚を選んで現像し、提出して発表するという流れだ。長めの昼休憩の間に急いで現像をして、発表タイム!

阿部秀樹セミナー

「どんな写真を撮りたかったのか」ということを踏まえ、一枚一枚にもっとこうすると良いなどお話する阿部氏。参加者からは「自分が求めていた撮影のアイデアに対する答えがもらえた」、「プールでじっくり練習できたのがよかった。リングライトやストロボなどの光の強さの調整を確認できた」、「もっと早くから参加すればよかった!」といった感想が。

石垣島ダイビングオーシャンスタジオ

オーシャンスタジオでは初の取り組みとなったフォトセミナー、主催の井口氏も「やってよかったです。お客様に写真の楽しみをもっと知ってもらえたので、今後も実施していきたいです。また、インストラクター育成にも力を入れているので、そのコースの一環としても、プールなど設備の強みも生かして取り入れていけたらと思います」とのこと。

阿部氏によると、参加者のレベルや要望に合わせてセミナーの内容を豊富に用意しているという。今回取材で参加させていただいたが、これだけ濃い内容のセミナーで飽きずに受講することができたので、こっそりどこかで個人的にも参加したくなるほどだった。また、セミナーの最後には阿部氏のスライドショーを見られるのも毎日の楽しみとなっていた。

水中写真を撮っている方は、ぜひ一度参加してみてはいかがだろうか。きっと楽しい時間を過ごせることは間違いない。そして、ステップアップのヒントが見つかるはずだ。

取材協力:オーシャンスタジオ

石垣島ダイビングオーシャンスタジオ
石垣島・川平集落に位置するPADI★★★★★インストラクターデベロップメントリゾート。
レストラン、ゲストハウス、ダイビングプールが施設内に揃い、それぞれがおしゃれで居心地の良い設備が整っている。オーナーの井口仁氏は水中写真家としても活躍中。
▶︎オーシャンスタジオ公式HPオーシャンスタジオ
▶︎井口仁氏執筆の記事一覧

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
IT企業でSaaS営業、導入コンサル、マーケティングのキャリアを積む。その一方、趣味だったダイビングの楽しみ方を広げる仕組みが作れないかと、オーシャナに自己PR文を送り付けたところ、現社長と当時の編集長からお声がけいただき、2018年に異業種から華麗に転職。
営業として全国を飛び回り、現在は自身で執筆も行う。2020年6月より地域おこし企業人として沖縄県・恩納村役場へ駐在。環境に優しいダイビングの国際基準「Green Fins」の導入推進を担当している。休みの日もスキューバダイビングやスキンダイビングに時間を費やす海狂い。