ダイバーが意外と知らない!? 正しいマスクのストラップの位置

ダイビングのマスクのつけ方

女性ダイバーの方から、こんな質問をいただきました。

Q.
ストラップがズリ落ちて、マスクに水が入ってしまいます……。
どうしたらよいでしょうか?

確かに、マスクのストラップがズリ落ちてしまう方、見かけます。

割と整髪料(特に洗い流さないトリートメントとか)が原因ということもありますが、ストラップの位置が低すぎる方が多いようにも思います。
マスクのストラップの位置が下過ぎて、耳が折れていたり、マスクがずり下がってしまったり……。

その原因は、おそらく、“後頭部の位置の感覚”にあるのではないでしょうか?

マスクのストラップは“後頭部”に位置するように教えられた方が多いと思います。
後頭部の突起の下にストラップがきてしまうと、ずり下がってしまうのはイメージできると思います。

しかし、頭ではわかっていても、意外と、自分の感覚と客観的な位置は違ったりします。

試しに、人に「後頭部をおさえてみて」と聞いてみよう。
すると、だいたいがこんなことになる。

マスクストラップの位置と後頭部

さらに「後頭部のでっぱりをおさえてみて」と聞いてみる。
おおよそこんなことになります。

マスクストラップの位置と後頭部

結構、下の位置でしょう?

そう、“後頭部”という言葉から視覚的に思い描くイメージと自分の感覚の間にギャップがあるのです。

ストラップの位置は、「後頭部にそっと添えるように」とか「後頭部の突起上にくるように」とアドバイスされますが、その通りに自分の感覚でやろうとすると、結構下の位置にきてしまい、耳が折れる、あるいはずり落ちたりしてしまいます。

ダイビングのマスクのつけ方

ストラップの位置が低過ぎて耳折れしてしまうダイバー。後頭部のでっぱりの上くらいがベストの場合が多い

ですので、僕がアドバイスをするなら、

つむじのすぐ下

試しに、「つむじのすぐ下をおさえてみて」というと、だいたいこうなります。

マスクストラップの位置と後頭部

なかなか理想的な位置じゃありませんか?

一番良い方法は、ベストポジションに装着後、写真を撮って、視覚的に確認してみること。
感覚的には上過ぎる気がしても、写真を見ると、きっと納得するはずです。

もちろん、頭の形は人それぞれですが、いつもずり落ちてしまう方は、試しに、つむじ基準を、お試しあれ。

コメントを残す

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/