独自の視点でイルカを表現!ドルフィンスイマー鈴木あやのさんの初写真集「イルカと泳ぐ」

ドルフィンスイマーとして活躍する鈴木あやのさんの写真集「イルカと泳ぐ」(新潮社)が、2013年7月26日に刊行されます。

鈴木あやの写真集「イルカと泳ぐ」

写真集詳細:鈴木あやの Official Website — 「イルカと泳ぐ」鈴木あやの写真集 2013年7月26日刊行(新潮社)

ときに写真家として、ときに水中モデルして、独自の視点でイルカを表現したこの写真集。
その着想のきっかけや見どころをあやのさんご本人にお聞きしました。

(以下、鈴木あやのさんより)

ドルフィンスイマー、写真家、水中モデルの鈴木あやのです。
この3つの肩書きを名乗り、活動を始めた4年ほど前から形にしたい写真集がありました。

それは、野生のイルカと泳ぐ感動を、写真家そして水中モデルという二つの視点から発信すること。

人とイルカが心通い合う様子を、そしてそのように泳いでいるときに実際に見えているイルカの表情や瞳を組み合わせることによって、伝えられることが何倍にも膨らむと感じていました。

それがようやく形になり、2013年7月26日に新潮社から出版されることになりました!
Dolphin Swimmer 鈴木あやの、初の写真集です。

産まれて数日の赤ちゃんイルカを連れた母イルカ。野生のイルカが、御蔵島の周りに棲息し、この海で繁殖していることを再認識する (撮影:鈴木あやの)

産まれて数日の赤ちゃんイルカを連れた母イルカ。野生のイルカが、御蔵島の周りに棲息し、この海で繁殖していることを再認識する (撮影:鈴木あやの)

イルカの写真集は多く出版されていますが、人とイルカ+イルカの表情という視点を融合したものはありませんでした。
ドルフィンスイマー、写真家、水中モデルであるからこそ生み出せる写真集を目指しました。

イルカと目を合わせ、ゆっくりと回りながら水面へと泳ぐ (水中モデル:鈴木あやの、撮影:福田克之)

イルカと目を合わせ、ゆっくりと回りながら水面へと泳ぐ (水中モデル:鈴木あやの、撮影:福田克之)

見上げたイルカはこんな風に見えている (撮影:鈴木あやの)

見上げたイルカはこんな風に見えている (撮影:鈴木あやの)

さらに、野生のイルカと泳ぎ、イルカと関わっていくうちに、イルカの生態や行動といったものに興味が深まり、写真集には野生のイルカの生態あれこれも載せています。
野生ならではの行動、オス同士の絡み合いや、赤ちゃんイルカを連れている様子、授乳シーン、捕食や遊びなど。

イルカ2頭が上下になり、ぐりぐりと押し合いながらあやのさんの周りを回っている。好奇心旺盛な御蔵島のイルカ達は、野生でありながら、こんな風に寄ってきて一緒に泳いでくれる (水中モデル:鈴木あやの、撮影:福田克之)

イルカ2頭が上下になり、ぐりぐりと押し合いながらあやのさんの周りを回っている。好奇心旺盛な御蔵島のイルカ達は、野生でありながら、こんな風に寄ってきて一緒に泳いでくれる (水中モデル:鈴木あやの、撮影:福田克之)

コラムとしてイルカとの泳ぎ方やイルカの撮影方法などもご紹介しています。
幅広い年齢層、男女問わずお楽しみ頂けるような、充実した内容になっていると思います。
若い世代にも気軽に手に取って頂きたいので、写真集は小さめのサイズ、価格も1,600円におさえました。

イルカと泳ぐ感動や、野生のイルカのおもしろさ、海に溶け込み泳ぐ心地良さに加え、水中ならではの自由な三次元空間の広がりというものを感じて頂ければと思います。

雑誌掲載やテレビ出演、8月には写真展やトークショーイベント、サイン会なども予定しています!

【鈴木あやのさん情報】
★2013年7月28日 「ソロモン流」(テレビ東京)出演
鈴木あやの Official Website テレビ東京「ソロモン流」 2013年7月28日(日)出演

★情報はHPで随時更新しています。
鈴木あやの Official Website

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

コメントを残す
writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/