ヘッドラインHEADLINE

【募集】早期予約で早朝ダイブをプレゼント! 水中カメラマン中村卓哉さんのフォト講座@奄美大島閲覧無制限

夏真っ盛り、8月連休ど真ん中で、水中カメラマン中村卓哉さんのフォト講座@奄美大島を開催します!
◆日程:2017年8月11日(金)~13日(日)

中村卓哉さんに、撮った写真を見せてもらいながらのレクチャー(イメージ)

中村卓哉さんの写真を見せてもらいながらのレクチャー(イメージ)

開催地は、奄美大島の南部(瀬戸内町清水)にある、ゼログラヴィティです。

海がすぐ目の前の絶好のロケーション。
ダイビングはもちろん、アフターダイブでは、海を見ながらの生ビールとBBQを楽しめます。
(天候によっては、屋根のある敷地内でのBBQとなります)

奄美大島で夏を満喫しましょう。

ダイビングは、奄美到着日に北部1ビーチダイブと翌日、南部2ボートダイブという、奄美大島の良いとこ取りの効率のよいプランを予定。
せっかく奄美にきたのだから、もっと潜りたいという方には、早朝ダイブや追加ダイブのオプションも用意しています。

ocean+α奄美ダイビングの最新記事は、こちらから。

奄美

今回は、中村卓哉さんの水中フォト講座となっていますので、ただ潜るだけではなくて、海で陸で、船の上でも「カメラのここがわからない」「こういうふうに撮りたい」など、カメラや写真のあれこれを、聞くチャンスです。

カメラを始めたばかりの方、カメラのアレコレを聞きたい方、中村卓哉さんと潜りたい方、どんな方でも、手つかずの奄美大島南部の海で、撮って潜って楽しい休日を過ごしましょう!

イベント詳細

■日程:
2017年 8月11日(金) 奄美空港集合
2017年 8月13日(日) 奄美空港解散
★8月11日は、バニラエア成田便(16:35)が到着する時刻までに集合となります。
★ご希望に合わせて、前泊延泊も可能です。

■ダイビング内容
2017年 8月11日(金) 1ビーチダイブ
2017年 8月12日(土) 2ボートダイブ

★早期予約特典(6月中にお申込み)★
2017年 8月12日(土) 早朝1ビーチダイブ
宿泊施設の目の前のビーチを潜ります!

中村卓哉さんからの写真レクチャー
まずは潜る前に、今の海の状況や、特徴、生物のこと、そして写真を撮るためのアドバイスなど、簡単なレクチャーをします。
カメラのとや、セッティングなどわからないことも、この機会に聞いてみましょう。
そして、ダイビングの後には、撮ってきた写真の講評会です。
お気に入りの何枚かを提出すると、中村卓哉さんから直々に講評がもらえます。

■イベント代金
3日間参加費:¥86,000-
★その他、オプションダイブ(追加ダイブ、ビーチダイブ)が可能です。

海が目の前なので、ナイトダイブも行きやすい!

海が目の前なので、ナイトダイブも行きやすい!

■宿泊
ZEROGRAVITY(ゼログラビティ)
【朝食2回/昼食0回/夕食1回(BBQ)】
オーシャンフロントの総合施設「清水(せいすい)ヴィラ」2泊
※2名1室(基本、参加者との同性相部屋となります)

奄美大島の南部(瀬戸内町)に建つ、ゼログラビティ。目の前は海!

奄美大島の南部(瀬戸内町)に建つ、ゼログラビティ。目の前は海!

_60A2165

お申込み方法

メールのタイトルに「中村卓哉の奄美フォト講座」として、下記の必要事項を tour@oceana.ne.jp へお知らせください。

■氏名(ふりがな):
■電話番号(当日連絡のつく):
■住所:
■奄美到着出発の日程と便名:
■ご希望やご質問(あれば)
★飛行機の予約代行:
★前泊延泊:
★オプションダイビング:
★その他のご希望、ご質問:

*************

カメラマン中村卓哉さん

中村卓哉

1975年東京都生まれ。
10才の時に沖縄のケラマ諸島でダイビングと出会い海中世界の虜となる。
師匠は父親である水中写真家の中村征夫氏。
活動の場を広げるため2001年に沖縄に移住。
その頃から辺野古の海に通いながら撮影を始め(現在は拠点を東京に置く)、一般誌を中心に連載の執筆やカメラメーカーのアドバイザーなどの活動もおこなう。
最近ではテレビやラジオ、イベントへの出演を通じて、沖縄の海をはじめとする環境問題について言及する機会も多い。
2014年10月にパプアニューギニア・ダイビングアンバサダーに就任。
■著書:『わすれたくない海のこと 辺野古・大浦湾の山 川 海』(偕成社)、『海の辞典』(雷鳥社)、『パプアニューギニア 海の起源をめぐる旅』(雷鳥社)など。

中村卓哉

ページトップへ