ヘッドラインHEADLINE

“真のベストシーズン”と言われる12月は透明度50m!? ~伊豆・八幡野の海から~閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

1週間前のダイバーの集いで、「東伊豆の透明度がヤバい!」との噂を聞きつけ、東伊豆・八幡野のダイビングショップ海好きの福ちゃんに確認してみると、「大げさでなく50mオーバーだよ。おいでよ~」と言われれば、そりゃ行かないわけにはいきません。

透明度抜群の冬の八幡野の海(撮影:越智隆治)

潜ってみると、ここ数日で透明度は落ち、さすがに50mとまではいかなかったものの、20mは抜ける抜群の透明度!

伊豆フリークやガイドさんに「1年で1番いい月をあえて挙げると?」と話を向けると、12月と答える人は少なくありません。
澄んだ水に南国からやってきたカラフルな季節来遊魚がちりばめられた、夏と冬を一挙両得できるような海。

海中は陸の季節の二カ月遅れと言われているように、水温もまだまだ下がりきっておらず、17~18度“も”あります。

このコンディションは、例年であれば1月頭まで続くので、今がまさに潜りどき。
と、思うのと同時に、いつも平日の人の少なさに「もったいないな~」とも思ったりしています。

伊豆の真のベストシーズンと言われる12月。

伊豆の魅力がギュッと詰まった季節なので、ぜひ潜ってみてください。

ページトップへ