バヌアツ到着。カバの洗礼?

一時、ニューカレドニアを後にして、バヌアツ共和国へ到着。
空港へは今回のコーディネーターをつとめてくれる大数加さんが出迎えてくれた。

そして、宿泊先のメラネシアンホテルへ。
前情報をほとんど持たずに来たバヌアツ。
首都のポートヴィラは思っていた以上に都会?な印象。
何よりも嬉しいのは英語が通用することだ。

さて、メラネシアンホテルに到着すると、すぐにウエルカムディナー。
巨大なロブスターと、アイランドキャベツを海苔代わりに使った巻寿司。
ロブスターも美味しかったけど、このアイランドキャベツの海苔巻きがかなり美味しかった。
シェフは日本人とのことなので、味も洗練されている。

バヌアツのロブスター バヌアツのアイランドキャベツの海老巻

席に座るなり、ウエイターで陽気なトニーさんに、「まず一杯!」と言われてカバ一気。
バヌアツのカバは、フィジーやポンペイ、トンガなどのカバに比べても強いらしく、すぐに舌がピリピリ。
でも、本当のカバはもっと強いらしい。
とにかく決して上手いものではない(完全に木の根っこの味)けど、「これ飲んでビールのめばすぐ酔えるよ」とトニーさんは、嬉しそう。

バヌアツ・カバの洗礼 バヌアツ・カバの洗礼

確かに、その後、ビールにワイン、そしてテキーラと飲み続け、相当に酔っぱらってお部屋に引き上げたのでした。

そして、今日の国内線で、ジュゴンと泳げるエピ島へ移動。
しばらくはネット環境の無い場所でのんびり過ごします。
・・・じゃなかった、頑張って撮影&リサーチしてきます。

ちょっと心配なのは、夜の楽しみは強烈なカバのみらしいとうこと。
フラフラにならなきゃいいけど。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
慶応大学文学部人間関係学科卒業。
産経新聞写真報道局(同紙潜水取材班に所属)を経てフリーのフォトグラファー&ライターに。
以降、南の島や暖かい海などを中心に、自然環境をテーマに取材を続けている。
与那国島の海底遺跡、バハマ・ビミニ島の海に沈むアトランティス・ロード、核実験でビキニ環礁に沈められた戦艦長門、南オーストラリア でのホオジロザメ取材などの水中取材経験もある。
ダイビング経験本数5500本以上。