ヘッドラインHEADLINE

国内初!プラスチックフリーで海に優しい〝ヴィーガンフードラップ〟閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

海に大量に流入しているプラスチックは、世界的な問題となっている。
そんな中、プラスチックフリーで繰り返し使えるエコラップは、使い捨ての食品用ラップに代わる環境配慮型のエコアイテムとして注目を集めている。

現在販売されている一般的なエコラップは、ミツロウ(動物性原料)を素材としているものが多いが、日本国内で初となるヴィーガンフードラップ専門ブランド「Earth Wrap」は植物性原料100%が素材となり、8月20日に発売スタートした。

サスティナブルな取り組み

✓ プラスチックフリー
✓ 洗って繰り返し使える
✓ 100%植物性原料
✓ 100%天然素材
✓ ヴィーガン
 

100%植物性 食品用ラップの背景

日本人は古くから、食品を包むために柿の葉や竹皮などの植物を利用。
抗菌、防腐作用のある植物を活かす知恵を生活の中で身につけていた。
Earth Wrapはその知恵を現代に活かすために、100%植物性の素材だけを選択。
使用するのは、中米に自生するキャンデリラ草が分泌するキャンデリラワックス。
その他の素材も100%植物性のものだけを使用した、まだまだ珍しいヴィーガンタイプのエコラップとなり、日本国内では初のヴィーガンエコラップブランドとなる。
 

原材料について

 
■生地に遠州織物を使用
2タイプある生地のうち一つは、静岡県の遠州地方に伝わる「遠州織物」を使用している。
綿の全生産量のうち数%しか採れない超長綿と呼ばれる希少な糸を使用し、シャトル織機という低速の織機で紡がれる生地は、高密度で強度が高いが、ふんわりと柔らかい独自の手触りを持つ高級生地となる。
遠州織物を使用することにより、Earth Wrapは一般的なエコラップよりはるかに薄く、様々な形の食品や食器にフィットする。

■コーティング剤は食品として認可されている原料を使用
ホホバオイル(国内では化粧品グレードまで)を除いた全ての原料が食品として認可されており、食べ物に直接触れても、安心安全。

日本は、2020年7月よりコンビニエンスストアなどでレジ袋が有料化され、今やエコバッグを持ち歩くことが当たり前となってきた。
環境保護やプラスチック資源の削減に対する人々の意識が向上しているなかで、次に削減していく使い捨て資源は食品ラップ。
日々の生活内で、完全な置き換えは難しいかもしれないが、一つの小さな行動で、海を守ることができる。

・Small     (16cm×16cm / 1380円)
・Medium (25cm×25cm / 1780円)
・Large  (33cm×33cm / 2680円)
・Jumbo   (45cm×45cm / 3280円)
・TRIO     (Small / Medium / Large 各1枚セット/ 4580円)
(サイズ/税込上代)

各サイズ 柄あり/柄なし(遠州織物)の2パターン展開(Jumboのみ、柄なしだけの展開)
 
<ブランドビジョンと背景>
Classic Organicsは、これまで4年以上にわたり自然食品の「NATURE THING」というブランドを運営。
国内では先駆けとなるエナジーバーブランドとして、全国100店舗以上の小売店に納品実績がある。
しかし、自然食を世の中に広める活動をする中で、その果実の根源となる自然そのものが脅かされているという現状を目の当たりにした。
マイクロプラスチックによる海洋汚染・農薬による土壌汚染・温室効果ガス問題など・課題は山のようにある。
それらは今すぐにでも変えていくこと、そして広く伝えていく必要。
そのためにわたしたちにできることは、プロダクトを通じてその現状を発信すること。
もし、毎日何気なく使っていた使い捨ての消耗品が、お気に入りのキッチンアイテムに変わったら、その背後にある問題に目を向けるきっかけになると私たちは信じている。
Earth Wrapを通じて、使い捨てプラスチックの削減や世の中の環境意識の向上を目指して活動。
 
公式サイト / Instagram  / Fecebook

<販売者情報と当リリースにおける問い合わせ先>
販売責任者:Classic Organics(クラシックオーガニクス)
担当:脇
メール:waki@classicorganics.net

ページトップへ