ヘッドラインHEADLINE

生分解可能な〝サトウキビストロー〟で海洋汚染をストップ!閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

ここ数年、大量に流入するマイクロプラスチックが海を汚し、生態系や地球環境に被害を受けて世界的な問題となっている。
そんな問題を受けて、大手コーヒーチェーンを中心にプラスチックストローを廃絶しようとする動きが、近年急拡大しているのだ。
そこで、海洋ごみの減量に繋がる「さとうきび繊維のストロー」を開発した、GLOBAL TOUCH(株)のサスティナブルな取り組みが注目を集めている。

ストロー廃止で何が変わる?

ストローは、細長く小さい形状からリサイクルされずにゴミ箱に捨てられることが非常に多い。特にプラスチックは自然界の動物を死に至らしめ、生態系を破壊することで問題視されている。
世界経済フォーラムの報告書によると、世界のプラスチックの年間生産量は1964年の時点では1500万トン。それが2014年には3億1100万トンと、わずか50年でその量は20倍に膨れ上がっているのだ。
さらに少なくとも毎年800万トンという海への流出量が確認されており、2050年には海に流れるプラスチックの量が魚の総重量をに上ると予測される。

2015年にアメリカの大学の海洋調査チームが、絶滅の危機にさらされているウミガメの鼻にストローが詰まっているのを発見して、そのストローを出してあげる動画が世界中で話題となった。
単に海洋生物への被害のみならず、マイクロプラスチックを間違えて食べた魚を経由して、知らないうちに私たち人間を含め地球上の多くの生き物の体内にも入っている。内臓を傷つけたり栄養不足に追いやったりする悪影響が出ている。

ストローを廃止する事で、プラスチック削減はもちろん、このような海洋生物や地球上の多くの生き物を守ることができるのだ。

プラスチックストローを廃止することで期待できるメリット

【海洋汚染の緩和】

プラスチックストローは、海に投棄されると劣化し、5ミリ以下の微小なマイクロプラスチップという粒になる。
こうなると回収も非常に困難であるうえ、生態系が誤って食べてしまう事例が増加。
マイクロプラスチップに化学物質が付着している恐れもあり、この連鎖が続けば生態系が崩れてしまう。プラスチックストローの廃止は、環境や生態系への悪影響をストップさせるための有効手段なのだ。

【温室効果ガス削減】

温室効果ガスは年々増加しており、地球温暖化の主な原因になっている。
日本の場合、プラスチックを含む化石燃料や石油製品をゴミ焼却している影響で、二酸化炭素の比率が極めて高いとされている。プラスチックストローのような余分な石油製品をつくらないことは、温室効果ガスの軽減、対策につながる。

【経済効果】

世界でのプラスチックごみの廃棄量は、経済価値にすると日本円にして、年間約8兆8800億~13兆3200億円。使い捨てプラスチックストローを廃止すれば、巨額の損失を回避する経済効果も期待できる。

プラスチック製ストローの代替品〝サトウキビストロー〟


GLOBAL TOUCH(株)は、SDGs「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標:持続可能な開発目標」達成に向けた取り組みの一環として、プラスチック製ストローの提供を廃止するため、自社が展開する店舗「CBD(coffee)」にて、生分解性ストローでのドリンク提供を開始した。
有機栽培されたさとうきびを使用した「シュガーケインファイバー」を導入した、生分解性の自然由来のエコストローである。
世界が認めた堆肥化可能な認証を獲得しており、使用しているとうもろこし由来の生分解性PLAは日本バイオプラスチック協会の日本バイオマスプラ識別表示制度ポジティブリストにも登録されている。

CBD(coffee)について

「CBD(coffee)」は駒場東大前駅目の前に位置する、日本初のCBDをスムージーやコーヒーと一緒に楽しめるCBDセレクトショップ。”パーソナルに”、”試せて”、”安心して”CBDを楽しめるをコンセプトに店舗を運営している。
そもそもCBDとは、大麻草やヘンプの麻科の茎から抽出された天然成分。
「大麻」というキーワードに敏感になる人もいると思うが、もちろん合法で依存性はない。
エンドカンナビノイドシステム(ECS)という人間が本来持っている身体調整機能(ホメオスタシス)に作用し、CBDを含む医薬品も認可されている国もあり、自然療法にも利用されている。

所在地:目黒区駒場 2-1-7 1階
TEL:03-6887-0302
営業時間:8:00~17:00
定休日:月曜日

「CBD(coffee)」3つの特徴、こだわり

1.「パーソナルなCBD」
無料で自分にあったCBDブランドがわかる、デジタルカウンセリングサービスを展開。
人によって(悩みや体重など)適切な摂取量や濃度、頻度は異なる。
利用シーンも様々で、独自に開発したデジタルカウンセリングサービスを通して今のあなたにぴったりなCBDブランドや摂取方法をご提案している。

2.「試せて楽しいCBD」
美容健康に良いスムージーやこだわりのコーヒーに様々なCBDブランドのCBDoilをドロップできる。
季節によってスムージーなどが変わり楽める。CBDoilは、香りや粘度も様々なのでその時の気分に合わせて色々と試せながら楽しくライフスタイルに取り入れてく。

3.「安心できるCBD」
CBDブランドは「栽培方法」「抽出方法」「栽培場所」「加工場所」の確認を現地へ直接している。
そのためCBDの効果を薄めてしまう薬品が使用されていたり、健康に害がある製法の疑いがあるブランドは取り扱っていない。
さらに、THC(大麻における中毒成分)が含まれていないと、第三者機関によって証明されている厳選されたブランドのみとなっている。

【会社概要】
会社名:GLOBALTOUCH株式会社
所在地:東京都港区麻布1-6-5 1階
代表者:下村亨太
設立:03-6887-0302
事業内容:ヘアサロン/カフェ

公式サイト / Instagram

ページトップへ