「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」による深海の写真・動画を大公開!

この記事は約3分で読めます。

深海へ到達し探査することは宇宙へ行くことよりも難しいとされている中、それを可能にしたのが海洋研究開発機構(JAMSTEC=ジャムステック)(以下、JAMSTEC)が誇る有人潜水調査船「しんかい6500」や地球深部探査船「ちきゅう」だ。
今回、そのJAMSTECによって撮影された様々な生物や地質、調査船・探査船等の貴重な写真や動画が、報道写真やスポーツなどの写真を各種報道機関に提供する株式会社アフロの写真・動画検索サイトを通じて、広告物、商品、TV番組や出版物などに幅広く利用することが可能になった。

日本が誇る世界最高峰の研究機関「JAMSTEC」って?!


JAMSTECは海洋国家・日本において、海の研究を通じ、科学技術の向上、海洋研究の発展、地球や生命の理解などに広く貢献するための活動に取り組んでいる国立の研究機関だ。研究船など8隻の船舶、多数の海中ロボットや探査機器、日本各地に置かれた各種研究施設などを運用している。高い技術を誇り、宇宙のJAXA(宇宙航空研究開発機構)に対して「海のJAMSTEC」と言われる。

有人潜水調査船「しんかい6500」の外観

有人潜水調査船「しんかい6500」の外観

アフロから提供されるJAMSTECのコンテンツは、生物、地質、船舶・探査機、海洋問題(海洋プラスチックごみ)、シミュレーション・観測、動画のなどさまざま。。現在掲載中の写真および動画の中から代表的なものを以下にいくつかご紹介。なお、コンテンツは今後も追加される予定。

ユメナマコ

ユメナマコ

ブラックスモーカー

ブラックスモーカー

有人潜水調査船「しんかい6500」の内観

有人潜水調査船「しんかい6500」の内観

地球深部探査船「ちきゅう」

地球深部探査船「ちきゅう」

日本海 隠岐堆の海底ゴミに付着したイソギンチャク

日本海 隠岐堆の海底ゴミに付着したイソギンチャク

メンダコ(動画再生はこちらから)

メンダコ(動画再生はこちらから)

深海域は地球の約65%も締めておりを、ほとんど解明されていない未知の世界である。紹介した画像や動画以外にも、見た目がエイリアンのような深海生物や見たことのない自然の地質に驚くだろう。
アフロから提供されているコンテンツを閲覧すること自体は無料。私たちが到底たどり着けない深海や海底、探査機の内部の様子をパソコンやスマートフォン一台で見られてしまうのだ。クリック一つで未知なる世界に足を踏み入れてみないか?

※公開中のコンテンツは以下から閲覧可能。
▶︎写真・イラストページへの掲載分
▶︎出版・報道写真ページへの掲載分
▶︎動画素材ページへの掲載分

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW