エントリー前に、ドライスーツ内の空気を抜くプチ裏技

あらかじめ陸上でスーツから空気を抜いておくと、潜降時にドライスーツの空気を抜く手間を省くけてスムーズ。

手で首のシールを開放し、しゃがむことによって空気を逃がすのが定番だが、さらなる裏技がある。

エントリー前にドライスーツの空気を抜きたい

ネックシールを鼻の下あたりにシールドし、鼻が外、口がドライスーツ内にくるようにする。
あとは、〝口でドライスーツ内の空気を吸い込み、鼻から外に出す〟の繰り返し。
※両手でネックシールをつかみ、鼻と口の間をしっかり密閉するのがポイント

真空パックのごとく、ドライスーツ内のエアがすっかり抜けるので、一度お試しあれ!

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/