ヘッドラインHEADLINE

水中メッシュゴミ袋「オーシャンバッグ」“ほぼ”できました!〜ファンダイビング中に手軽にゴミが拾えるアイテムを〜閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

こんにちは!
オーシャナ編集長の山本です。

突如はじまった、水中メッシュゴミ袋プロジェクト。
うみカメラマンのむらいさちさんとともに、着々と準備を進めています。

ほぼ完成品ができたよ〜♪

ほぼ完成品ができたよ〜♪

▶︎ダイビング中、手軽にゴミが拾える「水中メッシュゴミ袋」を作りたい!〜うみカメラマン・むらいさちの挑戦〜

先日の記事公開時には、みなさん、多くの反応ありがとうございました(TT)/

いよいよ、完成品に近いサンプルもお目見えし、現実感が増してきました。

商品について、“ほぼ”決定というところまできたので、ご紹介します!

名前は「オーシャンバッグ」に決定!

これまで、水中メッシュゴミ袋と呼んできましたが、ついに命名しました。

「OCEAN BAG(オーシャンバッグ)」

海に行く時に思い出しやすい名前がいいなと、覚えやすく、ポジティブなイメージのものをと頭を絞りました。
ぜひ、ダイビングに行く時は、「オーシャンバッグ持った?」を合言葉に……!!

「オーシャンバッグ」の“ほぼ”完成品
お見せしちゃいます!

オーシャンバッグのコンセプトは、これ↓

水中メッシュゴミ袋のコンセプト
1、水中でも、海岸でも、すぐにゴミが拾える
2、軽量・コンパクトで持ち運びしやすい
3、ダイバーの通常装備に

 

手軽に使える「オーシャンバッグ」という水中メッシュゴミ袋ができることで、多くのダイバーが、ファンダイブ中にもゴミを拾いやすい環境を作りたい。
目指すのは、「アイテムから行動を変える」こと。

もちろん、使いやすくなきゃ定着しない。
なので、今回は、徹底的に「自分たちが欲しいものを具現化する」ことにこだわります!

さて、みなさん、覚えていますか?
私の落書きから起こされた第一弾サンプル。

S__12714091

漠然としたイメージが具現化されたことの感動に酔いしれていましたが、ここは海で試してみないと……ということで、実際にむらいさちさんに海で使ってみてもらいました!

結果……

使いやすいよ〜〜〜〜(^^)/

という声とともに、オーシャンバッグについて語り出す、むらいさちさん。(笑)

BCにフックで留めて使ったんだけど、畳んだ状態が小さいから、ダイビング中びっくりするほど気にならなかったよー!
岩の間とかに、古い缶が転がっていたり、ダイビング器材の一部(破片?)みたいなものがあったり。

まさに、“こんなものを拾いたい”と思っていたものを拾うことができて、本当によかった!!」(むらいさち)

使い心地について、もっと聞いてみると……

「実は、巾着の強度と水中での取り回しを心配してたんだけど、使いやすさにびっくりしたっていうのが、正直なところ。

袋の開口部をマジックテープ式にするか迷ったけど、巾着にしてよかった!これはもう、作ってくれているデザインワークスさんのアドバイスのおかげだね。

ぱっと拾って、ぱっと締める。
直感的に使えるから、手間にはまったく感じなかったよ
!」(むらいさち)

とはいえ、実際に使ってみて、改善点も出てきました。
そして、送られてきた画像がコチラ↓

1910_kintyaku

「袋を絞る紐を逆にしよう!
BCに装着して袋を開けるとき、体から離すようにコードストッパーを引いた方が、よりやりやすくなると思う」(むらいさち)

ということで、紐の位置を変更。
さらに、カラビナも大きめフックに変更することにしました!

「オーシャンバッグ」ほぼ完成〜〜〜!

あれから、色を選んだり、デザインを考えたり……。
発注書を交わすという、小難しい大人の仕事も無事に終え、ついに来ましたサンプル第二弾!

見て。

oceanbagDSC_0963

見て、見て!!

oceanbag_DSC_0936

BCのDカンにもつけやすい大きめフック

BCのDカンにもつけやすい大きめフック

フックと逆方向に紐の絞り口を

フックと逆方向に紐の絞り口を

広げるとこんな感じです。

S__13516804

S__13516808

想像以上のしっかりした作りに、驚きと感動……!

やっぱり、海ですからね。
ブルーとボーダー。
そして、隠しイカリマーク!(……隠れてない!?)

もちろん、むらいさちさんの写真をカラーでプリント!なんていうアイデアもあったのですが、今回は、コスト面を優先。
今後の展開で、デザイン面もレベルアップしていけるといいなぁ♡

「オーシャンバッグ」の価格は・・・

価格も決めました。

1,500円(税別)

利益を出すことより、広がることに重きを置きたいと真剣に考えました。
自分で言うのも何なんですが、利益率は低めです←

気軽に水中でゴミが拾えるオーシャンバッグが広まることで、今まで興味がなかったダイバーにも、興味をもってもらえるといいなと思っています。

と、今日はここまで。
今、購入方法について、最終的なツメ段階です。
近日中に発表します。

ご興味あるダイビングショップの方やダイビング事業者の方がいらっしゃいましたら、メール(オーシャナ編集部)やSNS等でご連絡いただければ幸いです!
一緒に盛り上げましょう〜〜!!

▶︎ダイビング中、手軽にゴミが拾える「水中メッシュゴミ袋」を作りたい!〜うみカメラマン・むらいさちの挑戦〜

ページトップへ