ヘッドラインHEADLINE

署名で国際協定発足へ〜ストップ!ゴーストギア〜閲覧無制限

カテゴリ:
TOPICS
タグ:

「ゴーストギア」という言葉を聞いたことがあるだろうか。海洋プラスチック問題が深刻化する中、特に海洋生物に致命的な影響を与えている漁具のことである。
国際的な環境保全団体である公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWF)は、 WWFネットワーク全体で実施する『ストップ!「ゴーストギア」 ~プラスチックごみから海を守ろう』キャンペーンを開始する。どんな人でも気軽に参加できる署名、SNSでのキャンペーン参加で、国際協定発足に向けてのサポートが可能だ。

Text:Nodoka Sekido

「ゴーストギア(Ghost Gear)」とは

「ゴーストギア」とは、海洋に放棄(Abandoned)され、逸失(Lost)し、また は投棄(Discarded)された漁具(Fishing Gear)のことを指す。日本語にすると「漁具の幽霊」という意味で、持ち主がいなくなり、海中を延々と漂う魚網を幽 霊にたとえた言葉。ゴーストギアは、漁業から発生するプラスチックゴミであり、海 洋生物に最も致命的な影響を与えます。
ゴーストギアは、世界の海洋プラスチックごみの少なくとも10%を占め、さらに毎年新たに50万〜100万トンが流出していると推定される。 


ゴーストギアが海洋プラスチックゴミの46%を占めている実態

世界で使用される魚網の5.7%、籠や壺などの仕掛けの8.6%、釣り糸の29%がゴーストギアとして海に流出していると推定され、海洋生物に最も致命的な影響を与えていることが明らかに。 


海洋に1億5,000万トン存在するとされるプラスチックゴミの少なくとも10%は、漁業から発生したゴーストギアであり、さらに毎年新たに、50〜100万トンの漁具が海に流出していると推定されている。
調査から、全世界で使用されている全魚網の5.7%、籠や壺などの仕掛けの8.6%、全ての釣り糸の29%が海洋に流出していることがわかった。また、北太平洋の日本の 国土の4倍ほどある世界で最も大きな海洋プラスチックのたまり場「太平洋ゴミベルト」では、漂うプラスチックゴミの46%が、漁業から発生した魚網、延縄、ロープなどのゴーストギア等で占められていると推定されているのだ。なお、この太平洋ごみベルトでは文字が確認できるプラスチックゴミの1/3が日本語表記だったという。

ゴーストギアによる海洋生物に与える影響は、海洋ごみの中で最も深刻だ。漁具はいったん海に流出すると、その機能を失うまで何十年もの間、 混獲を続けてしまう。このゴーストギアを含むプラスチックごみによって世界中の海洋哺乳類の66%、海鳥の50%、そしてウミガメにおいては7種すべてが 深刻な影響を受けていることが明らかになった。世界で唯一、メキシコのカリフォルニア湾北部にのみ生息するコガシラネズミイルカは、流出した違法な刺し網による混獲で、個体数が10頭になるまで減り続け、もはや絶滅寸前なのだ。

ゴーストギアを含むプラスチック汚染は、世界的な問題であり、世界で協力して解決する必要があります。しかし、既存の解決の枠組みは、解決範囲が限定的であったり、拘束力がない自主的なものであるため、十分な効果がないと言われている。「海洋プラスチック汚染問題解決に向けた、拘束力のある国際協定の早期発足」が必要なのだ。

WWFが「新たな国際協定」の早期発足のため署名活動を強化

これらの問題を受け、WWFではゴーストギアを含む海洋プラスチック問題を解決するために、「プラスチック問題解決に向けた国際協定の早期発足」を求める署名活動を強化することを宣言した。

WWFジャパンのプラスチック政策マネージャー・三沢行弘氏は「ゴーストギアを含めた深刻な海洋プラスチック問題は、世界が一丸となって、早急に解決を図らなければ、取り返しのつかないことになります。WWFは、解決のための国際協定の早期発足を各国政府に求めていますが、皆さんからの署名は、この国際協定発足への大きな後押しとなります」と述べている。

現在、世界50カ国以上のリーダーや、約190万人にのぼる人々が、海洋プラスチック汚染を根絶するための「新たな国際協定」の早期発足を求めており、WWFは、このキャン―ペーンにあわせ署名活動を強化した。集まった署名は、日本政府に「国際協定発足への支持」を働きかける際、 また、国際会議等で各国政府に同様の働きかけを行う際に活用される。

ストップ!「ゴーストギア」 ~プラスチックごみから海を守ろう

https://www.wwf.or.jp/activities/project/4446.html

①署名のご協力

現在WWFでは、この国際協定を早期に発足させるために、世界中の人々に署名の協力をお願いしている。

②SNSへ投稿しよう

海の生き物を見かけたら、写真を撮って「#」を付け、ハッシュタグ「#StopGhostGear」とともに写真をSNSにシェアしよう。

関連情報
「海洋プラスチック問題」についての記事一覧
https://www.wwf.or.jp/tags_c_46/

政府のプラごみ問題施策方針への NGO 共同提言 ー代替品や熱回収より「総量削減・リユース」をー(2020 年 10 月 13 日) https://www.wwf.or.jp/activities/statement/4438.html
G20
大阪ブルー・オーシャン・ビジョンでは不十分 海洋プラ汚染問題解決に向け2030年削減目標付き国際協定早期発足を要請(2019年 7月1日)
https://www.wwf.or.jp/activities/statement/4008.html
■問い合せ先
WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
ブランドコミュニケーション室 メディアグループ 山本 亜沙美
Tel: 03-3769-1714 / Fax: 03-3769-1717 /
Email: press@wwf.or.jp

年々深刻化する海洋プラスチックゴミ問題。その約半数を占めるのが、ゴーストギアだというのが現状だ。
一刻も早くこの問題を改善すべく、今私たちにできるサポートを。

ページトップへ