世界初!木製のデビットカード「TreeCard」

ネット検索するだけで植樹につながる検索エンジンとして、過去にオーシャナでも紹介した「Ecosia(エコシア)」。

過去記事:GoogleでもYahoo!でもない、最先端でエコな検索エンジン「Ecosia」

そんなEcosiaが支援している、世界初の木製、そして植林再生プロジェクトの支援となるエコなデビットカード「TreeCard(ツリーカード)」を紹介。

毎日の支払いで木を植える!?

「TreeCard」は、FSCに認証された桜の木を素材とした木製のデビットカードとなり、1本の木から300,000枚以上のカードを制作できるという。

FSC認証とは?・・・FSC認証は環境、社会、経済の便益に適い、きちんと管理された森林からの製品を目に見える形で消費者に届け、それにより経済的利益を生産者に還元する仕組みです。

森林再生プロジェクトへの支援の仕組みはとても簡単。
TreeCardを日々の支払いに使用するだけで、自動的にカード会社の利益の80%が支援となる。
Ecosiaの森林再生プロジェクトに参加している販売店の取引手数料の中から利益が発生しており、約60ドル(日本円で約6000円)の支出毎に1本の木を植えることに繋がる。

Ecosiaの森林再生プロジェクトに、新たなエコシステムが登場した。

【Ecosia 植樹システム】
①検索エンジン「Ecosia」で検索
②木製デビットカード「TreeCard」でショッピング

また、植樹は海洋問題に強く繋がっているため、海ラバーの私たちも気にしたいところだ。

オンライン決済も対応

また、TreeCardは、木製デビットカードだけでなくApple Pay、Android Pay、SamsungPayのオンライン決済でも使用可能!

ここで、「植樹をしているので、木製のカードを作るって皮肉なことでは?」と考える方も多いと思う。
このような問いに対し、TreeCardは「プラスチックは廃棄される際に環境にとても悪い影響を及ぼすため、プラスチックの使用量を減らすためのステップとして、木材を使用しています。」と答えている。

アプリで簡単管理!
支出情報と購入で植樹した木の追跡ができる

TreeCardで行なったすべての取引を一覧表示するアプリを使用することで、支出管理と購入時に植えた木を追跡することに活用ができる。また、お友達と請求書を分割することも可能!

EcosiaがTreeCardの支援をしている理由とは?

「誰もが気候危機に取り組む力を与えることが、Ecosiaが存在する理由です。私たちは何十億本もの木を植えて保護したいと考えており、より環境に優しい生活を送るための革新的なツールを提供することでそれを実現できます。
検索エンジンのようなデビットカードはたくさんのお金を生み出すことができるため、より多くの木を植えるのに役立つ投資として支援をしました。
また、TreeCardのようなエシカルに挑戦しようとしている会社が十分な関心を集めることができれば、化石燃料に資金提供しているような金融業界の状況を世界が見直すことを余儀なくされるでしょう。
私たちはTreeCardの創設者と緊密に協力しており、彼らの経験と価値観で、彼らの会社が大企業へと成長することに役立つと確信しています。
将来的には、TreeCardのような他の環境問題にフォーカスしたイノベーターと提携して、現状をさらに革新させることを計画しています。なぜなら、現状は、誰もが健康で安全で充実した生活を送ることができる未来とは程遠いからです。」

TreeCardを取得する方法とは?

TreeCardの取得方法は簡単。
下記URLよりメールアドレスを登録しログインすることにより、木製デビットカードを予約することが可能。
https://ecosia.co/treecardblogen

また、2020年12月1日までに登録すると木製デビットカードを無料でゲットすることができる!

受け取り登録方法
①公式ページ右上の「RESERVE CARD NOW」をクリック
②「CONTINUE」をクリック
③Eメールアドレスを入力
④名前と生年月日を入力
⑤携帯番号を入力。
⑥SMSに送られる、暗証番号を記入。
⑦住所を記入。
⑧下記3つの質問に答える。
 ⑴毎月、ツリーカードに現地通貨でいくら費やすと思うか?(100ドル=約1万円)
 ⑵ツリーカードを楽しんだら、メインの支払いカードにすることを検討するか?
 ⑶TreeCardについて最も興味を持っていることは何ですか?
 【選択内容】木製のデビットカード、気候変動への取り組み、支出の追跡ができる、無料で作れる

日本語対応していないサイトのため、まだまだ気軽に参加しにくいかもしれませんが、これを気に挑戦してみるのもよいかもしれません!

公式サイト内にて「2021年より順次カードを発送する」という案内は出ているものの、TreeCardが使える店舗はどこか?どの国で使えるのか?など、まだまだ発表されていないことが多い。
実用化には少し時間がかかりそうですが、今後のEcosiaとTreeCardの動きに注目したい。

<参照記事>
●TreeCard公式サイト
●Ecosia NEWS「Introducing TreeCard: plant trees with your everyday payments」

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。