【5月1日発売】3つの海をイメージしたサスティナブルなリップパレット

エコフレンドリーやジェンダーフリーなど、この数年の時代の変化に伴い、美容業界でも様々な革命がおきている。
最近では美容においても「環境に優しい」ことが大前提とされているが、そのほとんどはスキンケアやシャンプーなど、いわゆる「発色」を問わないアイテムがメインだった。ネイルポリッシュなど一部商品では、サスティナブル素材でありながらあざやかな色味をウリにするものもあったが、理想の色味を実現するには、自然原料のみではなかなか難しいことがわかる。
以上のことを踏まえると、リップやアイシャドウなどメイクアップ用品をエコフレンドリーに昇華するには、まずはプラスチックで作られたパッケージから変えていくことが第一歩となりそうだ。

SHISEIDO アクアジェル リップパレット「PICO」シリーズ

サステナブルでより美しい世界の実現を目指す「SHISEIDO」は、100%植物由来の新素材カネカ生分解性ポリマーGreen Planet™※2を世界で初めて※3ケースに採用した「アクアジェル リップパレット」1 種を、2020 年 11 月にブランド旗艦店で数量限定発売。
そして2021年5月、カラーを3種に拡大し、「PICO」シリーズ第四弾として国内全店で発売(なくなり次第終了※1)する。

※1 発売から 1 年を目途。
※2 カネカが独自に開発した 100%植物由来のポリマーであり、海中や土中など幅広い環境下で優れた生分解性が期待され
る素材。
※3 カネカ生分解性ポリマーGreen Planet™の化粧品容器用途での使用は世界初

「SHISEIDO PICO」は、ミニサイズ・低価格で人気のメイクアップシリーズ。2018 年から毎年数量限定で発売し、若年層を中心に話題化。
第4弾となる今回は、海の未来を思ったサステナブルなリップパレット。オフィシャルサイト・SNS で、カラーストーリーやメイクルックを紹介する。

今回発売される「アクアジェル リップパレット」は、リップベース、リップティント、リップパールなど異なる質感の 5 色を 1 つのパレットで楽しめる。
水のような透明感のある発色と軽い使い心地が特長。3 つの海をイメージした 3 種の展開だ。

SHISEIDO の「Sustainable Beauty Actions」


SHISEIDO は、サステナブルな活動や製品開発を通じて、ビューティーカンパニーならではの社会価値を創造するグローバル プロジェクト「Sustainable Beauty Actions(サステナブル・ビューティー・アクションズ)」(SBAS)を 2020 年に始動。
「MOTTAINAI(リサイクルやリユース)」、「HARMONY(社会や環境との調和)」、「EMPATHY(共鳴)」の 3 つの柱で構成し、サステナブルでより良い世界を実現するために、行動していく。
その取り組みの一つとして、100%植物由来の新素材カネカ生分解性ポリマーGreen Planet™※2 を世界で初めて※3 ケースに採用した「アクアジェル リップパレット」1 種を、2020 年 11 月にブランド旗艦店である「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」で数量限定発売しま
した。

商品特長


「PICO」シリーズ第4弾の今回のコンセプトは、“A Kiss To The Sea”。
キスしたくなるような美しい海の未来を思い、色鮮やかな海の世界を表現したサステナブルなリップパレット。
リップベース、リップティント、リップパールなど異なる質感の5色を1つのパレットで楽しめ、自由に組み合わせることも可能。水の
ような透明感のある発色と、軽い使い心地が特長。3 つの海をイメージした 3 種の展開です。今後、SHISEIDO のオフィシャルサイト・SNS で、カラーストーリーやメイクルックを紹介予定。

「01 Shell Sand Beach」

白い砂浜をイメージした、モダンでエフォートレスな印象の色調。

「02 TropicalIsland Beach」

南国の海のビーチをイメージした、アクティブでフレッシュな色調。

「03 Sunset GlowBeach」

夕焼けの海をイメージした、温かみのあるフェミニンな色調。

※1 発売から 1 年を目途。
※2 カネカが独自に開発した 100%植物由来のポリマーであり、海中や土中など幅広い環境下で優れた生分解性が期待され
る素材。
※3 カネカ生分解性ポリマーGreen Planet™の化粧品容器用途での使用は世界初。

https://brand.shiseido.co.jp/
https://international.shiseido.co.jp/sbas-jp.html

環境に優しい海イメージのパッケージは、コロナ禍のダイビング欲を満たしてくれそうな予感。
いよいよゴールデーンウィークも目前。今年も気ままにお出かけ、というわけにはいかなそうだが、ニューコスメで美意識向上に努めてみるのもアリ。
サスティナブルな夏色を、いち早く手にとってお試しあれ。

writer
PROFILE
神奈川県藤沢市在住。女性ファッション誌からキャリアをスタートし、現在はフリーランスの編集ライターとして活動。オーシャナでは美容やライフスタイル記事をメインに、エコライフのヒントとなるトピックを執筆。