ヘッドラインHEADLINE

Peachで行く奄美大島ワーケーションツアーが販売開始 閲覧無制限

カテゴリ:
TOPICS, TRAVEL
タグ:

コロナ禍により在宅勤務やテレワークが増えた今、ストレスや運動不足、コミュニケーション不足に不安を感じている人も多いと言われており、働く人々の健康維持が求められている。
株式会社エイチ・アイ・エス法人営業本部は、法人企業にむけてより効果的かつ手軽にワーケーションプログラムを提案すべく、Peach Aviation株式会社とミツフジ株式会社と連携し、奄美大島ワーケーションツアー企画造成し、10月28日(水)より販売を開始した。

奄美大島「働きやすい島化」計画の背景とは

株式会社エイチ・アイ・エス法人営業本部、2015年より「フリーランスが最も働きやすい島化計画」といった多様な働き方を推進してきた。そして、自治体を挙げてインターネット環境が整備され、手付かずの自然豊かな鹿児島県・奄美大島をワーケーションの滞在先として設定。

宿泊施設は、「島に暮らすように泊まる」をコンセプトとし、伝統ある建物を宿泊の施設として再生した「伝泊」の3つの宿泊施設より選ぶことができる。リモートワークに不可欠なインターネット環境はもちろんのこと、地域の歴史や自然を感じていただけるワーケーションとなる宿泊環境と共に、滞在期間の過ごし方として、「奄美の自然とヨガでリラックス」「奄美大島最大級のマングローブ原生林カヤック体験」など、地域でリフレッシュできる観光プランも楽しむことが可能だ。

これまでの実証実験から「オンオフを楽しむ計画を事前に立てることが、メリハリのある時間を過ごせる」や「仕事のスケジュール管理や柔軟性が必要」などの声もあり、現地ならではのアクティビティや睡眠環境、ワークスペースの充実など、ストレス軽減につながる条件を揃えたプログラムが必要であることが判明している。

「hamon®(ハモン)」を着るだけでストレスチェックが可能

このワーケーションプログラムでは、ミツフジの着るだけでストレスが分かるIoTウェアラブル製品「hamon®(ハモン)」を使って、旅マエから旅アトまで、参加者自身がリアルタイムでストレスの状態を確認出来る追加プランも用意されている。またニューノーマル時代の新しい働き方の選択肢として、各個人がご自身のバイタルデータを持たれることで、次回のワーケーションや旅行などの選択をする上での指標にすることも出来る。
 
HIS奄美大島ワーケーションツアー詳細一例
・専用サイトURL:https://www.his-j.com/corp/engagement/workation/product/kansai.html
・出発日:2020年11月11日(水)~2021年3月27日(土)※12月20日(日)~1月7日(木)を除く
・ツアー代金:49,800円〜149,800円(4日間/大人お1人様/2名1室利用)
※ウェアラブルでのデータ取得プラン代金は、含まれておりません。バイタルデータ取得プランは、別途お見積りとなります。
・利用航空会社:Peach / 利用ホテル:伝泊 / 発着地:成田空港・関西空港

「働き方改革」という言葉を耳にすることが増えた昨今。
今後はさらに、社員が安心して働けるストレスフリーな職場環境づくりが企業に求められることだろう。

ページトップへ