ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Fukuoka / 福岡

未知なる玄界灘

日本にはまだこんな海があったのか!

Photo&Text
Takaji Ochi
Special Thanks
Diver's Guide SUNS
Edit
Satomi Kikuchi
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
genkai_bunner_201810_325_226

船上のランチも全力投球!
スティングレイの本気メシ

松本船長の食へのこだわりは船上でも健在。「船上という非日常を楽しむのに、見慣れた弁当じゃつまらない。山登りはメシにこだわる、だから海潜りもこだわってみよう」という思いで手作りランチをダイバーに提供している。こだわって集めた食材のおいしさを損なわないために、電気調理機(炊飯器や電子レンジ)は一切使っていないという本格派!

こねくり
小呂島では朝、船団での漁を終えて港に戻った男たちに、島のおかみさんたちが新鮮な魚をさばいて作る漁師メシ「こねくり」がある。島には民宿も食堂もないので、これを食べられるのはダイバーだけ。使う魚はその日に獲れたもので毎回違う。

玄界灘(撮影:越智隆治)

小呂島を訪れたダイバー限定のこねくり

4種のカレー
トリプルキーマ、グリーン、バターチキン、ラム&チーズの4種類。インドスパイス専門店の監修で味を仕上げ、4種類それぞれ米の品種や炊き具合を変えている。

玄界灘(撮影:越智隆治)

グリーンカレー

玄界灘(撮影:越智隆治)

トリプルキーマカレー

玄界灘(撮影:越智隆治)

バターチキンカレー

船上瓦そば
瓦そば=山口県下関の郷土料理で、熱した瓦の上に茶そばと具材を載せて、温かいめんつゆで食べるもの。名店「たかせ」の味をほぼそのまま船上で再現。南部鉄器の職人に特注で作ってもらった重さ8kgの鉄板は、船が揺れて傾いてもビクともせず、茶そばが万遍なく焼き上がる。

玄界灘(撮影:越智隆治)

想像以上においしい瓦そば

玄界灘(撮影:越智隆治)

船上がグルメレストランに早変わり。ダイビング中はあまり食べないようにしているのだが、ついついおかわりしてしまった

ページトップへ