サンゴの産卵シーンのライブ配信に海からチャレンジ【5/26~28夜】

5/27(木)、サンゴの産卵シーンのライブ配信、成功しました!
動画はこちらから↓

※3:37:40過ぎたあたりから卵が現れ始めます。
※前半の49:00くらいまではサンセットダイビングの映像です。

新型コロナウイルスの影響で、各地でまん延防止等重点措置や緊急事態宣言が出され、外で飲めない、人に会えない、海にも行きづらい…そんな日々を過ごす方に少しでも自然に触れて感動してもらいたい!そんな想いから企画した、「サンゴの産卵」ライブ配信チャレンジ!

そもそもサンゴって産卵するの?という方も一定数いるかとは思いますが…するんです!サンゴは実は動物。無性生殖もできるけど、この有性生殖、つまり産卵は沖縄では5~6月前後にかけてしか見られないそう。夜、真っ暗な海中で一斉に産卵したサンゴの周りを無数のピンク色の卵が漂う様子は幻想的で、多くのダイバーがこの光景を求めてナイトダイビングをする。

満月や大潮の夜に見られることが多いため、配信日はその条件である5/26(水)~28(金)18時から23時のどこか。19:30か22:00ごろに配信場所のサンゴは産卵するそうで、2時間ほど前に、その日に産卵するかが判断できるため、配信時間は当日に決定。沖縄県は恩納村の養殖サンゴと天然サンゴが見られるナビービーチ沖の恩納サンゴ養殖場、通称「サンゴ畑」付近からお届けします。

26日は恩納村やサンゴのご紹介も兼ねて、産卵しなさそうでも配信予定なのでぜひ画面の前でお待ちください♪

各日の配信リンクは下記から。

・5/26(水)

※18:30〜配信予定
※ゲスト:恩納村漁業協同組合長

5/26 18:30〜の配信は終了しました。
サンゴの産卵は見られなかったため、恩納村とサンゴ養殖場のご紹介をさせていただきました。
5/26 20:30〜はナイトダイビングと月食を配信しました。

・5/27(木)
サンゴの産卵ライブ配信に成功しました。
※3:37:40過ぎたあたりから卵が現れ始めます。
※前半の49:00くらいまではサンセットダイビングの映像です。


※17:00〜18:00もしくは20:00~20:30に配信時間をオーシャナSNS公式アカウントにて告知
※事前にガイドが調べたサンゴが産卵しそうかどうかの状況や天候により実施可否、時間を決定

・5/28(金)

※5/27(木)にサンゴの産卵シーンのライブ配信に成功したため、28日の配信はありません。
※17:00〜18:00もしくは20:00~20:30に配信時間をオーシャナSNS公式アカウントにて告知
※事前にガイドが調べたサンゴが産卵しそうかどうかの状況や天候により実施可否、時間を決定

恩納村の「サンゴ畑」ってどんな場所?


近年、海水温の上昇や汚染による世界的なサンゴ礁の減少が危ぶまれている。サンゴ礁の面積は地球表面の約0.1%しかないが、そこには海洋生物の約25%が生息しているといわれ、サンゴ礁の減少は生態系の変化、漁獲量や観光資源の減少にもつながる大きな問題だ。

この問題に対し、1998年からサンゴ礁の再生のために沖縄県・恩納村で地元の漁師たちが始めたのがサンゴの養殖。母となるサンゴを育て、それらが産卵することによる自然再生を目的としている。

ライブ配信はこの恩納村漁協が始めた「ひび建て方式」と呼ばれる方法で養殖されているサンゴが広がるサンゴ畑から。26日には漁協の組合長もお呼びして、サンゴの養殖についてインタビュー予定。

当日は船の上と海中からサンゴとその産卵の様子を、オーシャナのスイカと水中カメラマンの中川西宏之さんで配信に挑戦します。リアルタイムで恩納村のサンゴの産卵の観察に参加しませんか?

配信概要

・5/26(水)

※18:30〜配信予定
※ゲスト:恩納村漁業協同組合長

5/26 18:30〜の配信は終了しました。
サンゴの産卵は見られなかったため、恩納村とサンゴ養殖場のご紹介をさせていただきました。
5/26 20:30〜はナイトダイビングと月食を配信しました。

・5/27(木)
サンゴの産卵ライブ配信に成功しました。
※3:37:40過ぎたあたりから卵が現れ始めます。
※前半の49:00くらいまではサンセットダイビングの映像です。


※17:00〜18:00もしくは20:00~20:30に配信時間をオーシャナSNS公式アカウントにて告知
※事前にガイドが調べたサンゴが産卵しそうかどうかの状況や天候により実施可否、時間を決定

・5/28(金)

※5/27(木)にサンゴの産卵シーンのライブ配信に成功したため、28日の配信はありません。
※17:00〜18:00もしくは20:00~20:30に配信時間をオーシャナSNS公式アカウントにて告知
※事前にガイドが調べたサンゴが産卵しそうかどうかの状況や天候により実施可否、時間を決定

協力企業

株式会社エーオーアイ・ジャパン
恩納村漁業協同組合
三信電気株式会社
株式会社システムファイブ
ソフトバンク株式会社
株式会社ラグーン
株式会社ルミカ
株式会社ワイズ技研

後援

恩納村役場

主催

株式会社オーシャナ
合同会社SAI

恩納村について
沖縄県中北部、西海岸沿いに位置するリゾート地。モズクやアーサ、海ぶどうなど養殖が盛ん。2018年に「サンゴの村宣言」をし、世界一サンゴと人に優しい村を目指し、養殖活動以外にも、サンゴに害を及ぼす陸上からの赤土流出防止をするために畑の周りなどに花を植え、そこから蜂蜜をとって植える花の種を購入する「ハニーコーラルプロジェクト」や、環境に優しいダイビング・シュノーケリングの国際基準「Green Fins」の導入など、サンゴ保全活動を積極的に行っている。

コメントを残す

writer
PROFILE
IT企業でSaaS営業、導入コンサル、マーケティングのキャリアを積む。その一方、趣味だったダイビングの楽しみ方を広げる仕組みが作れないかと、オーシャナに自己PR文を送り付けたところ、現社長と当時の編集長からお声がけいただき、2018年に異業種から華麗に転職。
営業として全国を飛び回り、現在は自身で執筆も行う。2020年6月より地域おこし企業人として沖縄県・恩納村役場へ駐在。環境に優しいダイビングの国際基準「Green Fins」の導入推進を担当している。休みの日もスキューバダイビングやスキンダイビングに時間を費やす海狂い。