日本からは6名出場!世界最高峰のフリーダイビング国際大会「VerticalBlue2022」8/1開幕

この記事は約3分で読めます。

世界最高峰のフリーダイビング大会「Vertical Blue(バーチカルブルー)2022」が 8月1日(月)〜11日(木)にかけて、中米バハマ・ロングアイランドのDean’s blue hole(ディーンズブルーホール)にて開催される。

なぜVertical Blueが世界最高峰の大会なのか
2021年のバーチカルブルーについてはこちら

大会が開催されるDean’s blue hole

大会が開催されるDean’s blue hole

今年で12回目となる本大会には各国から40名余のトップ選手が集結し、いよいよ今夜、競技初日を迎える。

6名の日本人選手が出場

日本からの出場選手は全部で6名。昨年本大会で銅メダルを受賞したHANAKO、-100mを達成した岡本美鈴をはじめ、尾関靖子、北濱淳子、知野見光、原哲雄の各選手が出場予定だ。尾関靖子選手は今年6月に行われたフリーダイビングプール種目の世界選手権「AIDA World Championship2022 Burgas」に日本代表として出場し、アジア記録樹立、総合3位を受賞している。

AIDA World Championship2022 Burgas について

スタートは日本時間で8月1日22時
世界記録への挑戦も

初日である8月1日のスタートリストは下記の通り。日本時間の22時(現地時間9時)に最初の選手がスタートする。

日本からはHANAKO選手が-100mで申告しており、スロヴェニアのアレンカ・アートニク選手が-123mの世界記録へ挑戦予定。世界記録樹立の瞬間をリアルタイムで観戦できるかも!?

Vertical Blue2022を応援しよう!
観戦&応援方法

Vertical Blue2022はリアルタイムでライブ配信される予定。観戦にはチケットが必要なので下記から申し込もう。
▶︎Vertical Blue2022公式ウェブサイトチケット購入ページ

Vertical Blue2022 公式サイト
Vertical Blue公式Facebook
Vertical Blue公式Instagram

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW