「1Post 1Plant~サンゴの日フォトコンテスト2022~」作品募集中!

この記事は約7分で読めます。

色とりどりの美しい姿で私たちダイバーを魅了するサンゴ。そのサンゴをテーマとしたSNS上で簡単に応募できるフォトコンテストが、ソフトバンク株式会社等が取り組む「未来とサンゴプロジェクト」の一環として、1月28日(金)から開始されました!入選作品の発表は、サンゴにちなんで3月5日の「サンゴの日」に行われます。応募アカウント数の分だけ、サンゴの苗の植え付けも行われるという、その気になる内容とは!?
フォトコンテストは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。入賞作品発表、植え付けの様子は↓から。

サンゴの写真をSNSに投稿するだけで応募完了&サンゴの苗の植え付け活動にも貢献!

本フォトコンテストは、「サンゴの未来」への想いを込めて、これまでに撮影したサンゴにまつわる写真をSNS(Twitter、Facebook、Instagramのいずれか)に投稿し、応募が完了するというもの。応募写真は、未来の地球に残したい美しいサンゴや、サンゴのある海の写真、サンゴを住処にする生き物の写真、あるいは白化してしまった悲しいサンゴやサンゴ礁に捨てられたゴミの写真など、サンゴに関連する写真であればOK。投稿する際には、ocean+αの公式SNSアカウントのフォローとハッシュタグ「#サンゴの日2022」と「#未来とサンゴ2022」の両方をつけることが応募の条件。写真にまつわるエピソードやサンゴへの想いもコメントで一言添えてください。

審査員長は、独特の淡い写真表現が特徴な水中写真家・むらいさち氏が務め、グランプリにはAmazonギフトカード5万円が贈られるなど、賞品も豪華。

以下、むらいさち氏からコメントをいただきました。

「みなさんこんにちは、写真家のむらいさちです。 僕は日本を始め世界中の海を潜っています。その中で、サンゴ礁が一番大好きな被写体です。サンゴが元気な姿を見ると、自分自身も元気をもらえるからです。皆さんからのご応募、とても楽しみにしています!」

また、写真を投稿するだけで、投稿アカウント数と同数のサンゴの苗(300本を上限)をソフトバンク株式会社が購入し、サンゴの植え付け面積世界一を誇る沖縄県・恩納村の海に植え付けます

SNSに投稿して応募する人の数が増えれば増えるほど、植え付けられるサンゴの苗の数も増えて、美しいサンゴの海を守ることに間接的に貢献できます。ぜひこれまでに撮影した写真を見返してみて、サンゴに関する写真を投稿してみましょう!

募集要項

【期間】
・応募期間:2022年01月28日(金)~02月13日(日)
・審査期間:2022年02月14日(月)~03月04日(金)
・審査結果発表:2022年03月05日(土)

【応募資格】

プロ・アマチュア問わず、サンゴを未来に残したいと思っている方

【応募方法】

①事務局である株式会社オーシャナが運営する海とダイビングの総合サイト・ocean+α(オーシャナ)の公式SNSアカウントのいずれかをフォロー(Facebookは「いいね!」)してください。各SNSアカウントは以下の通りです。

・Twitter:@ocean__a
・Facebook:@ocean.a.diving
・Instagram:@insta_oceana

②ハッシュタグ「#サンゴの日2022」と「#未来とサンゴ2022」の両方をつけ、ご自身で撮影した写真を投稿してください。投稿時に写真にまつわるエピソードやサンゴへの想いも一言添えてください。

※受賞対象は、お1人様1作品のみとなります。

※応募期間中に何度でも投稿いただけます。1回の投稿で複数枚の写真を投稿いただいても構いません。

※写真の撮影場所や時期に制限はありません。

【賞】

グランプリ(1名):5万円相当のAmazon商品券

Amazon内のショッピングに使える商品券5万円分

準グランプリ(1名):3万円相当のAmazon商品券

Amazon内のショッピングに使える商品券3万円分

(商品券の金額が当初の2万円から変更されました)

入賞(10名):オーシャンバッグ

水中でも、海辺でも、すぐに広げてゴミが拾えるメッシュゴミ袋「オーシャンバッグ2」。軽量・コンパクトで持ち運びがしやすく、海辺の小物入れとしても利用可能。

恩納村ダイビング協会賞(1名):恩納村のダイビングショップで使える商品券

沖縄県・恩納村の恩納村ダイビング協会正会員のダイビングショップで2万円(本数1本)のダイビングができる券。期間は2022年3月5日から2023年3月31日まで利用有効です。
利用可能なダイビングショップ一覧はこちら

パパラギダイビングスクール賞(1名):「from the Ocean 」エコセット

左上から、「マイクロファイバータオル」1枚、「coral friendly uv (サンゴに優しい日焼け止め)クリーム」1本、「やさしいくもりどめ」1本、「エコバッグ」2枚。

※写真はイメージです。実際の賞品と異なることがあります。

オーシャナ賞(1名):stojo BOX & POCKET CUP + MARINE COFFEEセット

オーシャナ編集部員のオススメモノコトでもご紹介した折りたたみボックス「stojo BOX」と折りたたみマイカップ「stojo POCKET CUP」。そして、海を愛する全ての方にむけた「マリンコーヒー」3種のセット。

ソフトバンク賞(1名):ソーラー充電器セット

太陽光さえあれば充電可能、防災・アウトドアに便利な「ソーラー充電器30W」と、いろいろな電化製品の充電に使える「ポータブル電源120W」のセット。

【受賞者の発表について】

・受賞作品は、2022年3月5日からocean+αサイト内にて実施。入賞者情報(アカウント名または氏名またはご希望のニックネーム)を掲載。

・受賞者にのみ、ocean+αの各SNSアカウントのダイレクトメッセージ機能(Twitter:メッセージ、、Facebook:Messenger、Instagram:メッセージ)でご連絡します。

・賞品は、受賞者発表後に随時発送予定です。

【募集要項詳細】

注意事項、個人情報などはをこちらご覧ください。

【審査員長 水中カメラマン・むらいさち氏】

沖縄座間味島でのダイビングガイドを経て、写真の世界へ。広告カメラマンの助手を経てダイビング雑誌の出版社に入社し、その後独立。現在、水中はもちろん、ボーダレスに地球のあらゆるところで「しあわせなとき」をテーマに撮影を続けています。その独特の淡い写真表現が特徴。
著書に写真集「ALOHERART」「LinoLino」「きせきのしま」「FanataSea」「しあわせのとき」、最新写真集「Life is Beautiful」が発売中!

【フォトコンテストに関する問い合わせ先】

ocean+αの各SNSアカウントのダイレクトメッセージ機能(Twitter:メッセージ、Facebook:Messenger、Instagram:メッセージ)にて受付。

【主催】

ソフトバンク株式会社、株式会社ウィルコム沖縄、株式会社オーシャナ

【後援】

恩納村、一般社団法人恩納村観光協会

【協賛】

恩納村ダイビング協会、パパラギダイビングスクール

Sponsored by「未来とサンゴプロジェクト」

近年、気候変動の影響による温暖化や海洋プラスチックごみの増加による環境破壊などさまざまな問題が生じ、海洋環境は日々悪化しています。その一つとしてサンゴの死滅があります。サンゴは海に住む生き物たちのすみかを与えるなど多くの恵みを与えており、サンゴ礁の消滅は生態系に悪影響を及ぼします。この現状に対して、温暖化対策や生態系維持などの環境保全に取り組むため、サンゴの植え付け面積世界一を誇る沖縄県・恩納村や、ソフトバンク株式会社をはじめ多数の企業・団体が共に、未来とサンゴプロジェクト」を立ち上げ、美しい地球の未来を守り、次世代に受け継いでいくための活動に取り組んでいます。

サンゴの苗を植え付けるための寄付を募集中

未来とサンゴプロジェクト」の一環で寄付の募集もしている。 “ソフトバンク”の携帯電話をご利用のお客さまは「つながる募金」、それ以外のお客さまは「Yahoo!ネット募金」で簡単に寄付することが可能です。
詳細はこちら

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW