意味のない裏技「手を使わずにOリングを取る方法」の意味

「手順とチェックポイント」(ページ下部)へすぐに飛ぶ

意味がない裏技!?
手を使わずにOリングを取る方法

意味が無い人生を送って40年です。

さて、Oリングに触れることなく、タンクからOリングを取るという、あまり意味がない裏技があります。

尖ったものや専用ピックでひっかけて取った方が早いので、あまり実用的ではないのですが、知っておくと、ちょっとしたトラブルが防げるきっかけになるかもしれません。
なったらいいな。

Oリングがポロリと落ちる方法

とりあえず、まずは裏技をご覧ください。
初めて見る方は、とりあえず「おおっ!」となってくれたら、ちょっと意味があるのかも(笑)。

◎手順とチェックポイント

■あ~ら、不思議。Oリングがポロリ!?

1.
レギュレーターとタンクを接続し、バルブを少しずつ開けて残圧計が20~60くらいを指すあたりでバルブを閉めます。
Oリングがポロリと落ちる方法

つまり、レギュレーターに高圧空気が20~60残っている状態です。

2.
そのまま、圧がかかった状態でヨークスクリューを回します。
Oリングがポロリと落ちる方法

圧力がかかっているので開けるのに少し抵抗がありますが、50前後であれば少し力を入れれば回すことが可能です。

3.
ヨークを回すと、「ポン!」という音と共に、あ~ら不思議。Oリングがポロリと落ちるでしょう。
Oリングがポロリと落ちる方法

ホース内の高圧が一気に開放されることによる衝撃で、Oリングが飛ばされるというわけです。
シャンパンを開ける時の衝撃を想像するとわかりやすいかもしれません。

Oリングを取る裏技は、
Oリングが取れる原因!?

この裏技は、傷ついたOリングを取りたい時などに使えるかもしれませんが、冒頭でも言ったように、あまり頻繁に使う機会はありません。

ただ、この状況、どこかで見たことありませんか?

ダイビング後は、バルブを閉め、パージボタンを押し、レギュレーターから空気を抜いてからレギュレーターを取り外します。
このとき、最後まで空気を抜ききらずに、レギュレーターを外す人が実は結構多いのです。

これは、まさに裏技の状況と同じで、意図せずOリングをポロリさせてしまう原因なのです。
Oリングが取れてしまうとお店も地味に困ります。
皆さん、あまり意識していないので、意図せず、結構ポロリをしているかもしれません。

この意味のない裏技は、「パージボタンをしっかり押し続け、残圧計がゼロを指すのを確認してから、レギュを取り外す」ことの意味を教えてくれたのです。

めでたしめでたし。

コメントを残す

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal


Instagram
https://www.instagram.com/teraniku/