ヘッドラインHEADLINE

オーシャナ読者のエッセイで綴る特別連載(第3回)

陶芸作品をきっかけに小笠原で野生のウミガメと体験ダイビング!そして、還暦一歩手前でCカードデビュー閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:
,

「私がダイビングをする理由」というテーマでエッセイを大募集中〜!
応募作品の中から、編集長の心に響いた作品を連載形式でお届けします。

今回は、陶芸がダイビングへと導いた(!?)、「栗原あり」さんのストーリーをどうぞ。

テーマ「私がダイビングをする理由」

ウミガメの陶芸作品が
海、そして、ダイビングへとつながった

私は日頃、陶芸を生業としておりますが、ある時、WEBストアで拙作のウミガメをご購入された方から感想が届きました。

作品名「宝亀」(写真提供:栗原あり)

作品名「宝亀」(写真提供:栗原あり)

作品名「龍宮への導者」(写真提供:栗原あり)

作品名「龍宮への導者」(写真提供:栗原あり)

「貴女は本物のウミガメを見た事がありますか?」

もちろん、画像サイトや水族館では見ていたので、その旨お答えしたところ……。

「ちゃんと泳いでいるカメを見ないとね!よかったら家にいらっしゃい」

なんと、そのお客様は小笠原に住む漁師さんだったのです。

そして、小笠原母島へ行き、野生のウミガメを体験ダイビングで探してみることになったわけですが、当たり前ながらそこに泳ぐのは水族館にいるカメとはまったくの別物でした。

小笠原母島で撮影(写真提供:栗原あり)

小笠原母島で撮影(写真提供:栗原あり)

一念発起、還暦一歩手前でCカードを取得。
年に一回のダイビングが、かけがえのない趣味になりました。

70歳までにクジラと泳ぐという途方もない夢を見て、週2回、フィンスイミング・スクールにせっせと通っております。

今日のダイバー

ペンネーム:栗原あり
HP:http://nigenekosya.jimdo.com/
SNS:Instagram/https://instagram.com/nigenekosya、Facebook/https://facebook.com/nigenekosya
ダイビング歴:3年/30本
プロフィール:陶芸で海の生き物を制作しています。

「本物のウミガメを見たことがありますか?」という問いかけを受け、実際に小笠原母島まで体験ダイビングへ行くという“行動”を起こしたことが、ダイビングへとつながっていったのですね。
クジラと泳ぐ夢、ぜひ叶えてください(^^)/

素敵なダイビングライフを!

ダイバーの数だけ、物語がある。
ぜひ、あなたのストーリーを聞かせてください。

「私がダイビングをする理由」というテーマで、エッセイ募集中です!

ページトップへ